藤井聡太はポナンザに勝てる?人気の秘密は?連勝記録や対局料について

この記事は3分で読めます

藤井聡太さんといえば21世紀生まれで初となる将棋のプロ棋士です。しかも、14歳2ヵ月という若さでのプロ入りは史上最速で、先日引退した加藤一二三さんが保持していた14歳7ヵ月の記録を62年ぶりに更新するという快挙を成し遂げました。

藤井聡太

将棋のプロ棋士がいかにすごいかというと、東大に入るよりも医者になるよりも弁護士になるよりも「圧倒的に難しい」といわれています。(いらない情報ですが、僕は将棋が大好きでアマチュアの高段者です。笑)

「いつやるか?今でしょ!」のキャッチフレーズで一躍有名になった東進ハイスクールの予備校教師の林修さんは東大を卒業し、全国模試で1位を取ったこともありますが、「将棋のプロ棋士は東大生よりもはるかに頭脳明晰な集団である。」と発言しています。

参考:林修の過去が意外?家族がすごい!気になる年収や名言についても!

そんな超難関のプロ棋士になった藤井聡太さんについて、ソフトとの対局や人気の秘密、話題の連勝記録や対局料についてもまとめてみました。

藤井聡太のプロフィール!最強AIのポナンザと対局したら勝てる?

【名前】藤井聡太
【誕生日】2002年7月19日
【プロ入り】2016年10月1日
【棋士番号】307
【出身】愛知県
【師匠】杉本雅隆

小さい頃の藤井聡太さんの写真です。この頃(7歳くらい)にはすでに、将棋の大会に出て優勝していたんですね。

そんな天才の藤井聡太さんと、(先日名人を破った)将棋ソフトのポナンザがもし対局したらどうなるのか興味がある人は多いのではないでしょうか?

将棋ソフトの強さといえば、「ミスをしない」という点ですね。人間のわずかなミスを徹底的にいじめてくるのが将棋ソフトの強みであり、実際に佐藤天彦名人も(一見ミスに見えない)針の穴のような小さなミスをつかれて少しずつ少しずつ差を広げられて負けました。

世間的に「将棋に関しては名人が負けたんだから人類は誰も勝てない。」といった認識になっていますが、藤井聡太さんなら「勝てる可能性がある」と僕は思っています。

なぜなら、藤井聡太さんは小学校6年生から現在までに「詰将棋解答選手権」で3連覇を達成している「読みの達人」だからです。プロ棋士が多数出場するこの大会で、プロになる前から優勝を勝ち取っているのは尋常な読みの深さではありません。それはつまり、「読み間違いがない=ミスをしない」ということに繋がり、将棋ソフトに対してミスという穴を作らないので互角の展開に持ってけると思うのです。

藤井聡太さんは過去に練習でポナンザに負けたことはあるようですが、ポナンザに近い実力のソフトに勝つことも多いそうで、デビュー以来、とてつもない速度で強くなり続けている彼であればポナンザを敗北させることも十分にありえるでしょう。

今後、更なる成長を遂げていく藤井聡太さんと将棋ソフト「ポナンザ」の対局は必ず実現すると信じています。

藤井聡太の人気の秘密とは?連勝記録は誰が止める?

昨年は三浦弘行九段の将棋ソフト不正使用疑惑(その後、潔白が証明)が浮上したり、羽生善治三冠の不調(名人戦で敗北等)で盛り上がりが欠けていた将棋界ですが、藤井聡太さんの登場で再び熱を取り戻していると思います。

藤井聡太さんは現在ものすごい人気で、扇子などのグッズもすぐに完売するほどです。(将棋のグッズが即完売するなんて将棋ファンの僕でも聞いた記憶がありません。)

藤井聡太

藤井聡太さんの人気の秘密はなんといっても14歳という若さです。そんな将棋の歴史の中で最も若い棋士が「最多連勝記録」まで作ってしまうんですから世間が注目して当然だと思います。しかも対局に勝つとあんな爽やかな笑顔まで出されると・・・僕も扇子が欲しくなってきますね。(笑)

「今どきの若者は・・」と若い世代に対して否定的な言葉もよく聞きますが、藤井聡太さんの活躍によって日本の未来も明るくなるような期待が持てるのではないでしょうか?

現在デビュー以来、負けなしの28連勝を記録していますが、一体誰がその連勝を止めるのかがすごく気になります。まぁ羽生さんも負けてるくらいなので、この人なら勝てる!といった断言はできませんが、恐らく佐藤天彦名人や渡辺明竜王クラスの棋士が止めるのではないかなと思います。

ただ、藤井聡太さんの連勝を止めた人は「藤井を止めた男」として何十年後も語り継がれるでしょうね。でも、まだまだ藤井聡太さんには連勝記録を伸ばしていって将棋界を盛り上げていってほしいです。

藤井聡太の対局料や年収はどれくらい?

もう1つ気になるのが藤井聡太さんの収入ですね。調べてみると藤井聡太さんの月額基本給は17万円だそうです。これに年2回のボーナスを含めると年収272万円ということになりますが、その他にも各トーナメントでの優勝賞金なども加算されますのでまだまだ増えそうです。

以前に行われた竜王戦予選トーナメント6組で勝ち上がったので、90万円の賞金を獲得しいてます。

中学2年生で90万円の臨時ボーナスとか羨ましいですね~。

藤井聡太

もしも今後行われる竜王戦決勝トーナメントに勝ち続けていくと、以下の対局料がもらえるそうです。(5回勝てば竜王に挑戦できます。)

【1回戦】45万円
【2回戦】50万円
【3回戦】75万円
【4回戦】115万円
【5回戦】160万円
【竜王戦】440万円

(これだけで885万円・・・。すごすぎる。)

しかも、竜王戦に勝ったらなんと、4320万円の賞金が加算されるというから驚きです!負けても1590万円の賞金があるとか・・・。もう金額が大きすぎて僕の思考回路は停止してますが、とにかく結果を出せばいくらでも稼げるということでしょうね。

藤井聡太さんがこのまま勝ち続けると、年収1億円近くもありえるということです。ずいぶん夢のある世界ですね。(その分実力主義という厳しい世界でもありますが。)

僕の娘も将来はプロ棋士にしようかなぁなんて妄想しつつ、藤井聡太さんの今後の活躍を応援していきたいと思います。

ということで今回は史上最年少プロ棋士の藤井聡太さんについてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 三浦弘行
  2. 佐藤天彦
  3. 杉本昌隆
  4. 渡辺明
  5. 詰将棋
  6. 将棋ウォーズ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

名前:いろペル(♂)



3歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて