芦澤竜誠が皇治と喧嘩試合?勘違い野郎はどっち?タトゥーの噂も!

この記事は3分で読めます

芦澤竜誠さんと皇治さんといえば、K-1をはじめとした格闘技団体で活躍するキックボクサーですね。

お互い見た目が「いかつい」という部分や、試合前に相手を「挑発する」という点が似ており、乱闘騒ぎを引き起こす問題児としても知られています。(笑)

芦澤竜誠 皇治

しかし、ただのビッグマウスではなく二人とも格闘技の実力は本物。共に各団体の王者クラスを撃破した経歴もあり、K-1のベルトにもあと一歩で手が届きそうなトップファイターとして注目されているのではないでしょうか。

今回は芦澤竜誠さんと皇治さんの試合や勘違い度検証、さらにタトゥーの噂についてまとめてみました。

芦澤竜誠と皇治の喧嘩試合が勃発!?

芦澤竜誠さんは、キックボクサーという職業にも関わらず「とんでもない考え方」の持ち主なんです。

その考えとは・・・

「ベルトには興味が無い」

ということ。(驚)

芦澤竜誠 皇治

普通プロの格闘家として生活しているのであれば、誰もが世界チャンピオンベルトに憧れるものですが、芦澤竜誠さんにとっては意味のない物だそうです。

ただ、何の目標も無く戦っているわけではなく、

「ムカつく奴をぶっ飛ばしたい」

ということが戦う理由なんだとか。

事実、過去に「超ムカついていた」K-1の小澤海斗選手を執拗なまでに挑発して戦いを承諾させ、試合ではダウンを2度奪っての完勝を果たしています。

そして次に目を向けた「ムカつく奴」が、K-1のスーパーフェザー級で活躍する皇治選手なんだとか。

芦澤竜誠 皇治

皇治さんは大阪出身のキックボクサーで、自分の思ったことをすぐに口に出してしまうタイプ。

対戦相手が自分より格下だと思うと、「これ、かぶっときや」とフルフェイスのヘルメットを相手に手渡し、防具を相手に与えてやっと対等だという挑発なども行ってきました。

実際に元K-1スーパーフェザー級王者の卜部弘嵩さんにヘルメットを手渡し、ブチ切れさせた挙句に試合でもしっかり勝利してしまうという偉業を達成。

さらにK-1の現スーパーフェザー級王者である武尊選手にも「調子に乗ってるタケポン、俺とやろうや」と挑発しています。

芦澤竜誠さんは基本的に相手に噛みつくタイプですが、卜部選手や武尊選手のことは尊敬しているため、そうした偉大な選手をバカにされたことで「皇治をぶっ飛ばしたい」という気持ちになったのではないでしょうか。

実際に二人の試合が行われることは現時点では確定していませんが、芦澤竜誠さんが皇治さんに対して「やろうぜ」と言っている以上、近い将来戦うことは必然だと思います。

しかも本来二人の階級は違うので、芦澤竜誠さんが体重を上げて皇治さんの階級であるスーパーフェザー級で戦う可能性が濃厚です。(本人がその意思を示していたので)

皇治の本名を公開!姉が超絶美人ってマジ?(画像あり)
参考:皇治は口だけで弱い?K-1王者武尊との強さ比較!本名や姉の画像も


芦澤竜誠と皇治!勘違い野郎はどっち?

先述した通り、芦澤竜誠さんも皇治さんも相手を挑発しまくるタイプということで、世間からは・・・

「勘違い野郎」

と言われることもあるそうです。

芦澤竜誠 勘違い

まぁ実際のところ、二人は世界の強豪に勝利してきた経歴があるので、

「勘違い野郎ではない」と思いますが。(笑)

ただ、試合が決まれば舌戦が繰り広げられることは避けられないので、負けた方が相手から「勘違い野郎」の烙印を押されることは確実ではないでしょうか。

では実際に戦えば、どちらが敗北して「勘違い野郎」と呼ばれてしまうのかが気になりますよね。

芦澤竜誠さんは長いリーチで、体の中にバネが入ってるかのような柔らかく瞬発力のある攻撃を繰り出します。

ミドルキックを主体にして、相手が無理に距離を詰めようとするとヒザを合わせたり、ストレートのカウンターを合わせるテクニシャン。しかも一度スイッチが入ればインファイトでの打ち合いも意外と強いのが特徴です。

芦澤竜誠 皇治

対する皇治さんはどっしりと構えて真っ向勝負をするタイプ。

ガードも固くて、めちゃくちゃ粘り強くて一発一発が重いですね。ローキックもパンチも破壊力が特徴的だと思います。

はっきり言って、芦澤竜誠さんと皇治さんが戦ったら・・・

「ほぼ互角の削り合い」になるでしょうね。

本当にドロドロの打ち合いにになると思います。(笑)

ただ、芦澤竜誠さんの方が「体の線が細い」ので、体力の削り合いになればフィジカル面で勝る皇治さんが有利です。

なので、結果は判定で皇治さんの勝利!

というのが僕の予想になります。

ただ、後々判定結果に不服が出ないように衝撃的なKO決着をファンとしては期待したいところですね。

芦澤竜誠と皇治のタトゥーについても!

芦澤竜誠さんと皇治さんは、「試合前の舌戦」「キックボクシングの実力」以外にも注目されている点がありますよね。

それは、体に刻まれた・・・

「タトゥー」です。

芦澤竜誠 皇治 タトゥー

皇治さんは左腕に、芦澤竜誠さんは背中に大きなお絵かきをしていますね。(笑)

個人的に、(一人一人の趣味は否定しませんが)タトゥーは体に負担がかかることもあるので、やめた方がいいと思うのですが・・・

皇治さんは左腕に以下のようなタトゥーを入れているんだとか。

I will continue to be on top of the world
(俺は世界の頂点に君臨する男になるだろう)

幼いころから格闘技に携わってきた皇治さんは、「お前なんかが世界で戦えるわけがない」と言われてきたそうですが、自分自身は「世界の頂点に立つ」ことを信じ続けて、その証として左腕に言葉を刻んだそうです。

一方の芦澤竜誠さんは背中全面に大きなタトゥーがありますが・・・

現在の試合中はタトゥーが消えているような気がしますね。

芦澤竜誠 皇治

噂では試合中だけスプレー等で消しているとの情報もありますが、背中全面にタトゥーがあったことは間違いないでしょう。

「格闘技をやってなければ懲役をくらっていた」

と、自ら公言しているので、過去にヤンチャな部分を背中で表現してしまったのかもしれません。

・・・と、まぁ二人とも見た目やファイトスタイルはめちゃくちゃ怖いのですが、

実は仲間からの人望が厚かったり、多くのファンを抱えていたりと人間的な魅力は相当高いと思います。

芦澤竜誠がナマズに似ている噂を徹底検証!(画像あり)
参考:芦澤竜誠はヤンキーで弱い?愛車はランボルギーニ?ナマズ似の噂も


二人には格闘技史に残るような壮絶な戦いを期待したいですし、今後も今のスタイルを貫いて、プロとして格闘技を盛り上げるような言動を続けてほしいですね。

というわけで今回はK-1ファイターの芦澤竜誠さんと皇治さんについてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ボクシング まとめ
  2. 芦澤竜誠
  3. 山根明会長
  4. 亀田興毅
  5. 比嘉大吾
  6. 山中慎介
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



4歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて