ゴロフキンとカネロがスパーリング!衰えの噂は?ミット打ち動画も

この記事は3分で読めます

ゲンナジー・ゴロフキンは37戦37勝33KOという怪物的な記録を残しているプロボクサーですね。アウトボクシングもできるのに、KOにこだわる姿勢から全身し続け相手をマットに沈めるところが魅力的過ぎて興奮しちゃいます。

プロフィールについてはこちらの参考記事をご覧ください。

参考:ゴロフキンがアルバレスと激突!ファイトマネーや強さの秘密は?

ゴロフキン

この爽やかな笑顔に騙されてはいけませんよ。リングの上ではライオンよりも凶暴な男ですから。

今回はゴロフキンとカネロ(サウル・アルバレス)のスパーリングや、衰えの噂、さらにはミット打ち動画もまとめてみました。

ゴロフキンとカネロがスパーリング!

ゴロフキンの次戦の相手は2017年9月16日に行われるカネロ(サウル・アルバレス)戦です。

ボクシング関係者の中でも勝敗予想が分かれるほど実力は拮抗していて、両者KO宣言が飛び出したりと試合前から盛り上がり方が尋常ではありません。

参考:カネロがゴロフキンをKO宣言!ファイトマネーや村田との対戦は?

ゴロフキン カネロ

今年最大の一戦として注目されていて、先日行われたメイウェザーVSマクレガー戦よりも注目度が高いのではないでしょうか?

参考:メイウェザーがマクレガーを称賛!防御が衰えた?51戦目の噂も!
参考:コナーマクレガーの豪邸とは?練習内容や次戦の勝算は?引退の噂も

そんなワクワクが止まらない二人の対決ですが、実はこの両者、過去にスパーリングをしたことがあるそうなんです。

知らなかった人は驚いたのではないでしょうか?

そのスパーリングの結果は・・・

ゴロフキンの圧勝だったそうです。

とは言え優勢だったゴロフキンもカネロの強さを見抜き、「今までで一番すごい奴」とまで評価している噂もあるんだとか。

スパーリング自体は2011年に行われたのでちょっと古い情報ですが、それでもゴロフキン相手に劣勢を強いられたカネロの苦手意識は試合に大きく影響することだと思います。

以下はゴロフキンのトレーナーの「アベル・サンチェス」のコメントです。

GGG(ゴロフキン)の方が断然ストロング。カネロはアウトボクシングに活路を見出そうとするけど、ゴロフキンの圧力は普通ではない。GGGが終盤にストップ勝ちするか、判定勝ちを飾る。


アベル・サンチェス

まぁゴロフキンサイドの人間の言うことなので、鵜呑みにするのもどうかとは思いますが、

僕もゴロフキンの勝利を予想しています。

最初はバチバチに打ち合う展開になるのかなと思っていましたが、カネロは「アウトボクシングに徹してくる」といった説が濃厚に感じてきました。

スパーリング通りの結果に終わるのか、カネロがアウトボクシングでゴロフキンを翻弄し初の黒星をつけるのか・・・楽しみで仕方ありません。皆さん、他のボクシングの試合は見逃してもいいですが、ゴロフキンVSカネロの試合だけは絶対に見逃してはいけませんよ!

ゴロフキンの衰えの噂は?

無敵の強さを誇るゲンナジー・ゴロフキンですが・・・

衰えてきたんじゃないの?

という噂があります。

ゴロフキン 衰え

最近まで23連続KO勝利という人間離れした記録を保持していましたが、直近のWBA・WBC・IBF世界ミドル級王座統一戦ではダニエル・ジェイコブスにKO記録を止められ判定勝ちに終わってしまいました。

つまり、KOできなかったから「衰えた」と言われているんです。(笑)

ゴロフキンに対するハードル高過ぎでしょ!

それだけこの選手は「相手を倒して当たり前」と思われている超絶ハードパンチャーということですね。

ゴロフキンサイドのコメントとしては「自身が衰えているわけではなく、周りのレベルが上がっているだけ。」と言っていますし、僕自身が見ていても衰えは感じません。

仮に次戦のカネロ相手に「判定勝ち」してしまったら、「やっぱり衰えてる。」なんてことになるのでしょうか?(笑)

そう言われないためにも是非KOで勝利してもらいたいですね。

ゴロフキンのミット打ち動画も!

ゴロフキンのKO率は約90%!プロのリングで負けたことはない&10人中9人はノックアウトされているわけです。

こんな怪物と戦う人の神経が理解できません。(笑)

ゴロフキン ミット打ち

最後にゴロフキンがいかにハードパンチャーか分かるミット打ち動画を載せておきますね。




音がやばい!

こんなパンチまともにもらったらそりゃ倒れるわ!って感じですね。

特に左のフック系パンチがめちゃくちゃ体重乗っててヤバい感じがします。

ゴロフキンはまだまだトップの実力があると思いますし、メイウェザーの作った50連勝無敗という記録を抜くことができるのは彼しかいないんじゃないでしょうか?これからも数々の難敵を迎えることになると思いますが、KOを量産して観客を総立ちにさせてもらいたいですね。

というわけで今回は最強ボクサーのゲンナジー・ゴロフキンについてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 大和心
  2. 堀口恭司
  3. 拳四朗
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



3歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて