武尊の大雅戦が消滅!食生活や年収は?那須川天心から逃げてる噂も

この記事は3分で読めます

武尊といえばナチュラル・ボーン・クラッシャーという異名を持ち、常にアグレッシブにKOを狙うK-1フェザー級王者のキックボクサーですね。

小学生の頃に、K-1ヘビー級で活躍したアンディ・フグに憧れて格闘技を始めたんだとか。

武尊

K-1をもっとメジャーにするためにテレビ番組に出演したり、芸能事務所のオーディションを受けに行ったりと、「強さ」だけでなく「K-1への愛」がめちゃくちゃ強いそうです。

あの魔裟斗さんですら、「自分以上に武尊はK-1を背負っている。」と発言させるほどなんだとか。

そこで今回は武尊が予定していた大雅戦の消滅や、食生活や年収、さらに那須川天心から逃げている噂についてまとめてみました。

武尊のプロフィール!大雅と三度の試合!

【名前】世川 武尊(せがわ たける)
【階級】フェザー級
【誕生日】1991年7月29日
【出身】鳥取県
【身長】168cm
【体重】57.5kg

武尊 プロフィール

2018年3月21日(水)にさいたまスーパーアリーナで開催される予定だったK-1のスーパーフェザー級タイトルマッチ「武尊VS大雅」が消滅してしまったようです。

なんでもK-1側と大雅の間で契約上のトラブルが起き、大雅の欠場が決まったんだとか。

武尊と大雅は過去に2度対戦していて、因縁の相手だっただけに消滅は正直ショックでした。

前回武尊が大雅に勝利したときは「うれし泣き」をしていましたから、それほど大変な相手だったということでしょう。

今回のタイトルマッチに向けて海外で武者修行にまで行った武尊はモチベーションが下がっているかもしれませんね。

武尊の敗戦の危機についてはこちら!
参考:武尊が敗戦の危機!卜部兄とはどっちが強い?彼女に逃げられた噂も

武尊の食生活や年収は?

武尊ほどの強い格闘家になると、食生活や年収が注目を集めますよね。

まず、食生活ですが、昔はお金がなくて「数十円のもやし」や「数十円の鳥の胸肉」を買って食べていたそうです。

強くなるために贅沢は言っていられなかったんでしょうね。

チャンピオンになった現在はお金はあるものの、パスタやパンなどの太りやすいものは一切食べずに、昔以上に食べ物に気を遣うようになったんだとか。

若くてヤンチャなん雰囲気なので、「ガンガン好きな物食べでその分ハードな練習すればいいや」って感じかなぁって思っていたんですが、徹底して強くなることに真面目なんですね。

武尊 年収

次に年収についてですが、昔は格闘技だけでは食べていけずに、飲食店やクレープ屋さんで働いていたそうです。

クレープ屋さんって格闘家とはかけ離れたイメージですが。(笑)

そんな武尊の最高月収は1000万円超えということなので、そこから推測すると年収1億円には行っていない感じですね。

月収が高い時というのは、試合自体のファイトマネーではなく賞金なんだとか。

なので毎月毎月高額な賞金がもらえるわけではないので、ざっくり「数千万円」というのが予想される年収です。

魔裟斗さんは格闘家生活のトータルで10億円ほど稼いだようなので、武尊にはそれ以上稼ぐスターになってもらいたいと願っています。

武尊が那須川天心から逃げてる噂も!

武尊を語る上で必ず名前が出てくるのが、同じキックボクサーの那須川天心ですね。

那須川天心は正直「天才」だと思います。

あの魔裟斗さんよりも、そして武尊よりも「才能」があります。

武尊 那須川天心

そんな二人の試合が長年実現しないことにファンの間からある疑惑が生まれました。

「武尊は那須川天心から逃げている。」

正直、武尊は世界中のキックボクサーの中で最も危険な相手が那須川天心であると自覚していると思います。

そういった意味では「戦いたくない」という気持ちも出てくるのは当然だとは思いますが、「逃げている」と言われるくらいならリスクを冒してでも戦う男なので、ちょっと世間の感覚は間違っているのかもしれません。

むしろ逃げているのは武尊ではなく・・・「K-1の運営サイド」だと思います。

もしも二人を戦わせて武尊がRISEという格闘団体のトップである那須川天心に負ければ、K-1がRISEよりも劣るということを証明してしまうことになるからです。

そうなれば、K-1はスター選手の価値を下げるとともに、K-1の立ち技最強のイメージが崩壊してしまいます。

二人の対戦が実現しない理由はまずこれで間違いないと思いますが、お互いが一番勢いのある今、格闘技界を盛り上げるためにぜひ実現させてほしいですね。

武尊と那須川天心、どちらが強いかはこちら!
参考:那須川天心の戦績がすごい!練習メニューは?武尊とどっちが強い?


武尊はまだまだ若く、これからもK-1を引っ張ってく存在だと思います。次戦の大雅戦のように、体格差を無視してリスクある試合に挑む姿勢でガンガン格闘技界を盛り上げていってほしいですね。

というわけで今回は人気K-1ファイターの武尊についてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ゴロフキン アルバレス
  2. 高山善廣
  3. ローマン・ゴンザレス
  4. ゴロフキン アルバレス 再戦
  5. 松村英明
  6. 久保優太
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



3歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて