野杁正明が那須川天心を・・!ピケオーとの強さ比較やジム破門の噂も

この記事は4分で読めます

野杁正明さんといえばK-1でスーパーライト級のタイトルを獲得した経歴を持つキックボクサーですね。

日本人で強いキックボクサーはたくさんいますが、野杁正明さんは「天才」と表現できるほど才能に満ち溢れたほんの一握りの選手として知られています。

野杁正明

「打って良し」「蹴って良し」「守って良し」というオールラウンダーで、本当に隙が無い選手。意外なことに小学生時代には「いじめ」にあっていたというエピソードもあるそうですが、逆にそうした逆境が格闘技を始めるきっかけともなり、世界に名をとどろかせる最強キックボクサーへと成長させました。

今回は野杁正明さんから見る那須川天心についてや、ジョーダン・ピケオーとの強さ比較、さらにジム破門の噂の情報をまとめてみました。

野杁正明のプロフィール!那須川天心を・・・〇〇って本当?

【名前】野杁正明(のいり まさあき)
【出身】愛知県
【生年月日】1993年5月11日
【身長】175cm
【所属ジム】K-1ジム EBISU フリーホーク

野杁正明 那須川天心

野杁正明さんは一見普通の好青年で優しそうなイメージがありますが、格闘技のこととなるとめちゃくちゃ厳しいそうなんです。

例えば、かつて同門で練習していたキックボクサーの小澤海斗さんが試合に負けてしまい、うなだれて退場してきた際・・・

普通だったら「良く頑張った。負けてしまったけどすごく良い試合だったよ。」なんて声をかけてあげそうなものですよね。

しかし、実際は・・・

「全っっ然ダメ!頭使って戦わないと!」

負けたばかりの選手にも面と向かって容赦ない発言を浴びせ、決してお世辞や優しい言葉で相手を慰めることはしないキャラクターなんだとか。

一見冷たいようですが、格闘技に真剣に向き合っているからこその素直なアドバイスなんでしょうね。

そんな野杁正明さんですが、意外なことに「あの選手」についてコメントを残しているそうなんです。

その選手とは、K-1の運営側がめちゃくちゃ毛嫌いし(と、思われる)、RISEやRIZINで活躍する「那須川天心」

野杁正明 那須川天心

那須川天心が強いのは誰しもが分かっていることだとは思いますが、野杁正明さんは那須川天心がプロデビューする前からアマチュアの大会で彼を視察しており、こう思ったそうです。

「那須川天心はズバ抜けている。頭一つ抜けているなと思いました。」

K-1側が「那須川天心の名前は出すな」というような圧力を選手にかけている中、野杁正明さんは純粋に格闘家として那須川天心を評価し、それを公言しているんです。

野杁正明さん自身もK-1甲子園で優勝するなど輝かしいアマチュア時代を経験してきたからこそ、那須川天心といった当時は誰も知らないアマチュア選手を見て「レベルが違う」と判断できたんでしょう。

他団体との対決はタブーとしているK-1ですが、やはり現役のK-1トップファイター達がここまで那須川天心を意識し評価しているとなると、近い将来激突は避けられないと思います。

野杁正明とジョーダン・ピケオーの強さ比較!

野杁正明さんは2018年12月8日のK-1大阪大会で見事勝利し「とんでもない発言」をしてしまいました。

なんとK-1ウェルター級王者の久保優太さんを差し置いて、

「久保優太さんよりも強いジョーダン・ピケオーとやりたい」

と公言したんです。(驚)

野杁正明 ジョーダン・ピケオー

ジョーダン・ピケオーは格闘技王国オランダが生んだヤバすぎる強豪で、確かに王者である久保優太さんよりも強いとの声も多い怪物です。

Krushスーパー・ウェルター級王者を始めとした複数のタイトルを獲得しているだけではなく、対日本人は「無敗」

しかもジョーダン・ピケオーはかませ犬と試合していたのではなく・・・

ブアカーオを生涯初のKOに追い込み、魔裟斗さんをダウンさせた佐藤嘉洋さんを、

完全KOして引退に追い込み・・・

現在の日本人70kg級で最も強いと言われている日菜太さんからも、

ダウンを奪って完勝し・・・

超絶ハードパンチャーで現在のK-1のトップファイターである木村フィリップミノル選手をも・・・

赤ちゃん扱いしてボコボコのKOに沈めました。

野杁正明 ジョーダン・ピケオー

そんなヤバすぎる男「ジョーダン・ピケオー」に名指しで挑戦するなんて・・・野杁正明、男の中の男です。

実際に二人の強さを比較してみると、びっくりするくらい「互角」だと思います。

お互い無駄な動きが無く、パンチもキックもコンビネーションも素晴らしいです。打点の高いヒザ蹴りで相手をリングに沈める力も持っていますし、一見手打ちに見えるようなパンチを繰り出しても相手が倒れることもしばしば。

また、相手の強烈な攻撃を「ブロック」で防いでしまう点も似ています。通常はハードパンチャーにラッシュをかけられるとガードが割れてしまうものですが、この二人はガードが崩れず、岩のように固く顔面を守ります。

さらに両者ともローキックへの耐性も強く、どれだけ蹴られても不気味に前へ前へと前進してくるので相手は嫌になってくるでしょうね。

正直、どちらが負ける姿も想像できないほどです。

ただ、あえて無理矢理差をつけるとすれば、パワーやフィジカルは「ほんの少しだけピケオー」に分があり、スピードやテクニックは「ほんの少しだけ野杁正明さん」に分があるのではと感じます。

試合当日は正直とんでもない消耗戦になると思うので、最後は「運」を味方につけた方が勝利するレベルじゃないかなと・・・。それほど実力派均衡しているはず。

どちらが勝つにしろ、観客が熱狂するような熱い戦いを見せてほしいですね。

野杁正明がジムを破門されたとの噂も!

野杁正明さんの情報を調べていると、意外過ぎる噂が飛び交っていました。

その噂とは・・・

「過去にジムを破門されてしまった」

というもの。(驚)

野杁正明 破門

破門って・・・何か悪いことをしたのかなと思っちゃいますよね。

ちなみに、この噂が出ているのは野杁正明さんがキックボクシングの「いろは」を学んだ大石ジムというところ。

実際は野杁正明さんが法に触れるようなことをしたわけではありませんし、練習を全くしなくて戦力外の判断をされたなんてこともありません。

じゃあなんで破門されるんだよ!?と思ってしまいそうですが、

実は「破門されていない」というのが真相なんだとか。

と、言うよりもむしろ野杁正明さんから「他のジムに移りたい」と申し出たそうです。

野杁正明 破門

なぜジムを移りたいと言い出したのかは定かではありませんが、より良い環境で練習して自分を変えたいといった気持ちや、ネームバリューのあるジムに所属することでビッグマッチを組んでもらいやすいように・・・といった狙いがあったことだと思われます。(そうでなければジムの人やシステムに嫌悪感があったとしか考えられないので)

野杁正明さんからすれば「今後の格闘技人生を考えての移籍」ですが、大石ジムからすれば「今まで育ててお金も労力も使ったのに、出て行かれたら損害だ」という考えに至ったんでしょう。

だからこそ大石ジムは野杁正明さんの移籍を断固反対し、しばらくの間「試合ができなくなっていた」との噂もあります。

まぁそうした騒動から年月は経っていますので、お互い言い分はあるかもしれませんが、過去にとらわれず野杁正明さんも大石ジムもそれぞれの道で頑張ってほしいですね。

日本人キックボクサーで本当に強い選手だけを選んだ最強ランキングがヤバい!
参考:那須川天心や武尊が優勝?日本人キックボクサー最強ランキング!


野杁正明さんは少しずつ体重を上げて各階級の強豪を潰していく意向を示しています。

最終的には元K-1王者の魔裟斗さんが活躍していた70kgに進出するそうなので、絶対王者のチンギス・アラゾフや他団体の怪物ジョルジオ・ペトロシアンなどの「本物」達と戦って日本人の強さを世界に証明してほしいですね。

野杁正明さんはまだまだこれからも成長過程にある若い選手なので、今後の進化を楽しみにしつつ応援していきたいと思います。

というわけで今回は最強キックボクサーの野杁正明さんについてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 村田諒太
  2. 矢地祐介
  3. 小比類巻貴之
  4. 井岡一翔
  5. 格闘代理戦争
  6. ゴロフキン アルバレス 再戦
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



4歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて