ロマチェンコVSリゴンドー結果速報!試合展開は?コメントや感想も

この記事は4分で読めます

2017年12月9日(日本時間:12月10日)にニューヨークでウクライナの英雄ワシル・ロマチェンコとキューバの英雄ギレルモ・リゴンドーの試合が行われました。

2017年はゴロフキンVSアルバレスや、メイウェザーVSマクレガーといったビッグマッチが注目を集めましたが、ロマチェンコVSリゴンドーもアマチュアエリート出身対決として、今年最も注目される試合の一つとしてボクシングファンは楽しみにしていたのではないでしょうか。

ロマチェンコVSリゴンドーの試合前の予想についてはこちら!
参考:ロマチェンコVSリゴンドー戦予想!階級差の影響やテクニック比較も


リゴンドーと井上尚弥の強さ比較はこちら!
リゴンドーのファイトマネーは?井上尚弥との強さ比較!練習動画も

ロマチェンコ リゴンドー

そこで今回はロマチェンコVSリゴンドーの試合結果速報や、試合の展開、さらにコメントや感想についてまとめてみました。

ロマチェンコVSリゴンドーの試合結果速報!

それではただ今から、注目されたアマチュアエリート同士の試合結果をお伝えしたいと思います。

ロマチェンコ リゴンドー 結果

ロマチェンコVSリゴンドーの試合結果は、まさかの・・・・

ロマチェンコの6ラウンドTKO勝ち!

リゴンドーが左腕を負傷し、続行不能となったため試合が終わるとは・・・ちょっと終わり方としては残念でした。

これでリゴンドーの無敗記録はストップしていまいました。リゴンドーファンにとっては悲しい結果になりましたね。

ロマチェンコVSリゴンドーの試合の展開は?

結果としてはロマチェンコのTKO勝ちになりましたが、試合展開はどのようなものだったのでしょうか?

ロマチェンコ リゴンドー 試合展開

【1ラウンド】

お互いテクニシャン同士でサウスポーとしてゆっくりした立ち上がりでした。

右ボディを放つリゴンドー。相手をの攻撃を見極めるかのようにディフェンスするロマチェンコ。手数はリゴンドーの方が多く、積極性が感じられます。

右ボディストレートを多用するリゴンドーに対し、右手を上下に大きく振ってフェイントをかけるロマチェンコ。後半はお互いの手数がよく出ていましたが、両者クリーンヒットはなくドローが妥当かと思います。

【2ラウンド】

開始早々お互い手数を出し合いますが、有効は無し。印象としてはロマチェンコが1ラウンドに比べてエンジンをかけてきたように見えます。

ロマチェンコが右ジャブを多用し、右ジャブに左フックのコンビネーションをうまくヒットさせ、リゴンドーも負けじと右ボディストレートで応戦しますが有効打はロマチェンコが多いです。

その後もロマチェンコの連打は止まらず、リゴンドーが嫌がるようにクリンチに。

流れを戻そうとリゴンドーがラフファイトに持ち込もうとしますがロマチェンコは冷静にパンチを避けていました。ポイントはロマチェンコが取っていると思います。

【3ラウンド】

右ジャブをヒットさせたロマチェンコが連打を繰り出し、クリンチで逃げるリゴンドー。

リゴンドーも手数は多いですが、どことなく焦りが感じられます。

再びロマチェンコの連打に対しリゴンドーがクリンチをしますが、離れようとするロマチェンコの腕をしっかりとリゴンドーがつかみ、距離を取るのを嫌がっている感じでした。

その後はロマチェンコの2連続の右ジャブが何度か繰り出され、それを嫌がるリゴンドーという展開になりロマチェンコが優勢のままラウンドを終えます。

ロマチェンコ リゴンドー 試合展開

【4ラウンド】

顔面からボディへとパンチを散らすロマチェンコが連打で攻め込みリゴンドーの手数が減ります。

リゴンドーはパンチをもらい続けているわけではないですが、流れとしては防戦一方なので印象は悪いです。

ロマチェンコのしつこい右ジャブを極端に嫌がるリゴンドーは体勢を低くして避けますが、ロマチェンコはそのままリズムに乗り続けます。

ロマチェンコの右ストレートに力強い左フックを放ったリゴンドーですが、これも当たりません。

クリンチが目立つリゴンドーに対し、右ジャブを有効に当てるロマチェンコという構図で、やはりロマチェンコが優勢です。

【5ラウンド】

前へ出るロマチェンコ、下がり続けるリゴンドーという展開は変わりません。

右ジャブの2連打が光るロマチェンコに対し、リゴンドーの返しのパンチもキレはありますが当たる雰囲気は無し。

ディフェンスに徹するリゴンドーですが、ロマチェンコはガード越しにもお構いなしに連打をまとめ、明らかに圧力負けしているリゴンドー。このラウンドもロマチェンコ優勢です。

【6ラウンド】

このラウンドが勝負どころと見たのか、荒々しいパンチを幾度となく放つロマチェンコ。時折フルスイングの左フックを返すリゴンドーですが、ロマチェンコには当たりません。

逆にロマチェンコの連打がリゴンドーの体力を削り続け、リゴンドーは下がり続ける展開に。

6ラウンド終了後、リゴンドーが左腕の負傷を訴え危険となりました。

ロマチェンコとリゴンドーの試合後のコメントや感想も!

この試合に対し、ロマチェンコとリゴンドーはどのようなコメントを残したのでしょうか?

ロマチェンコ コメント

ロマチェンコのコメントは以下の通りです。

「私にとっては大きな勝利ではない、階級の差もあったしね。」


リゴンドー コメント

続いて、リゴンドーのコメントは以下の通りです。

「負けたのは手が負傷したから。2Rから痛みがあった。またカムバックする。体重の差は関係ない。手を痛めただけだ。」


んー、ロマチェンコは余裕のコメントですね。(笑)勝って当たり前と言わんばかりの・・・。一方のリゴンドーは手を痛めただけと言っていますが、苦しい展開だったのは否めないでしょう。

まぁそれはさておき、最後に今回の試合に関して僕の感想をお伝えしたいと思います。

僕が観て意外だったのはこんなに差があるの?ということです。まぁ一見するとほとんど互角のほうな展開に見えた方もいるかもしれませんが、しっかり見るとリゴンドーが取っているラウンドは一つも無い印象です。

スピードやパンチのキレはむしろリゴンドーが良かったような気がしますが、

なにせ「当たらない。」

恐らく、体重差がめちゃくちゃ影響しているのでは?と感じざるを得ませんでした。

当日計量はロマチェンコが62.32kg。リゴンドーは59.96kg。体重差は2.4kg。

「え?たったのそれだけ?だったら関係ないじゃん。」と思った人はボクシング素人ですね。(笑)

2.4kg差でパンチ力や圧力に差が出て、リゴンドーは下がる展開を強いられたような気がします。

リゴンドーは今回敗れてしまったことで、保持していたWBA世界スーパーバンタム級スーパー王者のタイトルを失うことになり、痛い代償を支払うことになりました。

ロマチェンコ的には格が違う試合を見せてくれましたが、リゴンドーの左腕の故障で試合が終わったのでファンからするとちょっと納得いかない結末だったかもしれません。

個人的な期待としては、リゴンドーが体重を増加し、ロマチェンコと同じ階級で経験を積んで「体重的に」ベストな状態でリマッチをしてほしいと願っています。そうなると結果は違ったものになるかもしれませんね。

というわけで今回は、ロマチェンコVSリゴンドーの試合についてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 亀海喜寛
  2. 格闘代理戦争
  3. 那須川天心
  4. KINGレイナ
  5. 格闘代理戦争
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



3歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて