ゴロフキンVSアルバレス結果速報!試合の展開は?コメントや感想も

この記事は5分で読めます

2017年9月16日(日本時間:9月17日)にラスベガスのTモバイル・アリーナでカザフスタンの英雄ゲンナジー・ゴロフキンとメキシコの英雄サウル(カネロ)アルバレスの試合が行われました。

この試合は2017年のボクシングの中で世界最大の注目を集めており、ハードパンチャー同士のスリリングな打ち合いを楽しみにしていた人も多いのではないでしょうか?

参考:ゴロフキンがアルバレスと激突!ファイトマネーや強さの秘密は?
参考:ゴロフキンとカネロがスパーリング!衰えの噂は?ミット打ち動画も
参考:ゴロフキンの生い立ちが衝撃!負ける確率や石田のコメントとは?
参考:カネロがゴロフキンをKO宣言!ファイトマネーや村田との対戦は?

ゴロフキンVSアルバレス

そこで今回はゴロフキンVSアルバレスの試合結果速報や、試合の展開、さらにコメントや感想についてまとめてみました。

ゴロフキンVSアルバレスの試合結果速報!

それではただ今から、世紀の一戦の試合結果をお伝えしたいと思います。

ゴロフキン アルバレス

ゴロフキンVSアルバレスの試合結果は、まさかの・・・・

ドロー!(引き分け)

さすがにドローは予想していなかったので、ちょっとがっかりしましたね。

判定はジャッジ1名が「110対118」でアルバレス。2人目が「115対113」でゴロフキン。3人目が「114対114」でドロー。三者三様でした。

ゴロフキンは防衛こそ成功したものの、連勝記録は37でストップしていまいました。アルバレスもドローでは「王座奪取失敗」になるので、喪失感があったのではないでしょうか?

ゴロフキンVSアルバレスの試合の展開は?

結果はドローに終わった二人の試合ですが、試合展開はどのようなものだったのでしょうか?

ゴロフキン アルバレス 試合展開

【1ラウンド】

前へ出てプレッシャーをかけるのはゴロフキンで、アルバレスは様子を見ている感じでした。手数自体はお互い少ないですが、前に出ているのはゴロフキン。

下がりながらも時折見せるアルバレスのコンビネーションに対し、ゴロフキンは効いていないと首を振ります。ラウンド終盤にはアルバレスも前に出て打ち合う展開に。

【2ラウンド】

前に出るゴロフキンに対し、下がるアルバレス。ボディが弱点のゴロフキンに対し、アルバレスが左のボディストレートを2発繰り出し、さらにガード越しに重たい左フックを叩き込みます。

ゴロフキンも強烈なパンチで反撃しますが空を切ります。しかし、攻める手を緩めないゴロフキンの右ストレートがアルバレスの顔面にヒット。

アルバレスが強烈な左フックを放ち反撃しますが、首をひねって破壊力を殺すゴロフキン。ゴング終了間際にはお互い強打を打ち合いますが決定打にはなりません。

【3ラウンド】

フックとストレートを織り交ぜた連打で攻撃するゴロフキンに対し、負けじとアルバレスも顔面とボディを打ち分けます。

その後もアルバレスの左ボディストレートや重いジャブがゴロフキンに立ちはだかりますが、フルスイングで放った右フックはゴロフキンに見切られ空を切りクリーンヒットならず。

このラウンドはアルバレスの手数が多く、ゴロフキンもジャブでリズムを作りますがアルバレスも強烈な左フックで反撃。

アルバレスの強烈な右アッパーやゴロフキンの左フックが出たもののお互いに当たらず、残り10秒でゴロフキンが前にでますが決定打はありません。やや手数が多いアルバレスが良い印象でした。

【4ラウンド】

またもや前に出るゴロフキンに対し、左フック・右アッパー・左ジャブと強烈なパンチで迎え撃つアルバレス。その後もアルバレスのコンビネーションがゴロフキンを止まらせ、ボディにもパンチを集めました。

しかしラウンド中盤に入ってくるとゴロフキンも反撃。体の強さを活かしてことごとくアルバレスをロープ際に追い込み、印象はややゴロフキン有利。

ゴロフキン

【5ラウンド】

貪欲に前に出るゴロフキンに、下がりながらもカウンターを狙うアルバレス。かまわずゴロフキンがアルバレスをロープに追い詰め、強烈な右アッパー、ボディ、左フックとコンビネーションを放ちます。

さらに2分経過後にはゴロフキンがアルバレスをロープに追い詰め、右フックを顔面にヒットさせて強打のラッシュが続きました。しかし、アルバレスは「効いていない」といったように首を振りノーダメージをアピール。

ゴロフキンの勢いは止まらずアルバレスは防戦一方になりますが、反撃のコンビネーションを使いリング中央に体を戻すことに成功。しかし、終盤には再度ゴロフキンの圧力を感じ、アルバレスがロープ際に下がる展開になりました。

【6ラウンド】

ゴロフキンがペースを崩さずに前へ出てアルバレスをロープに追い詰めます。すかさずアルバレスが左ボディを織り交ぜたコンビネーションで反撃し、ゴロフキンをリング中央へと押し返し、しばらくリング中央での激しい攻防に。

しかし時間が経つにつれゴロフキンが前に出て相手をロープに追い詰めますが、距離が詰まったことによりアルバレスの左手でゴロフキンの首をつかむような状態になりました。

そこでブレイクがかかるのかと思いきや、アルバレスが自分の右手を背中の後ろに回し、左手でつかんでいるゴロフキンの頭部にパンチを入れます。(反則行為として注意を受けますが、ゴロフキンは大丈夫の合図。)

試合再開後もゴロフキンは前に出てアルバレスを下がらせますが、アルバレスも反撃しリング中央に戻る場面もありました。しかし、結局は再度ロープに追い込まれるアルバレス。ゴロフキンの圧力が印象的でした。

【7ラウンド】

ゴロフキンの右フックがアルバレスの顔面をかすめますが、アルバレスがジャブとアッパーを織り交ぜたコンビネーションで反撃。

すぐさまゴロフキンが前に出て打ち合いに発展し、アルバレスが下がりながらも強打のコンビネーションでゴロフキンに抵抗します。

しかしゴロフキンの圧力は止まらず、ロープ際に下がったアルバレスにボディブローの連打を放ち左ジャブを顔面にヒット。

嫌がるアルバレスに追い打ちをかけるように強烈な右フックを放つゴロフキンですが、アルバレスが首をひねって威力を殺します。

【8ラウンド】

展開は変わらず序盤からロープに詰まるアルバレスは、ボディの連打でゴロフキンをリング中央まで押し戻します。しばらくリング中央での攻防が続きましたが、今度はコーナーに追い込まれるアルバレス。

ゴロフキンの猛攻が続くかと思いきやアルバレスの強烈な右アッパーが顔面にヒット。しかしゴロフキンもコーナーで左アッパーを当て返し、前進するゴロフキン、後退するアルバレスという構図は変わりません。

アルバレス

【9ラウンド】

ラウンド序盤はアルバレスがリング中央で強打を打ち続け、ゴロフキンは防戦を強いられます。

しかし、アルバレスの連打が止まったのを確認したゴロフキンは再度前進し、相手をコーナーへと追い詰めることに成功。アルバレスは必死にコンビネーションで反撃しますが、再度ゴロフキンがコーナーに詰め返して強打を放ち続けます。

アルバレスは強烈な右フックなどの反撃を見せ、ゴロフキンは「効いていない」と首を振りますが、アルバレスの左フックがゴロフキンにヒット。

しかし、かまわず前に出て連打でコーナーに追い詰めるゴロフキン。防戦一方で手が出ないアルバレスはたまらずボディ連打で活路を見出そうとします。

【10ラウンド】

ラウンド開始直をリング中央で打ち合いに。アルバレスのボディ織り交ぜたコンビネーションがゴロフキンにダメージを与えます。

しかし、ゴロフキンが連打で放ったジャブを顔面に当てられたアルバレスが再度ロープに追い込まれ、ラウンド終了間際にはお互いクリーンヒットを許す激しい打ち合いになりました。

【11ラウンド】

前に出るゴロフキンに対し下がるアルバレス。ゴロフキンのジャブがアルバレスのあごを跳ね上げます。さらにゴロフキンのワンツーと右フックが浅めにヒットしますが、アルバレスも右ストレートを当て返し反撃。

それでも前に出続けるゴロフキンが顔面に右フックを当て、ラウンド終了間際も右フックと左フックをヒットさせることに成功しました。

【12ラウンド】

リング中央で激しく打ち合う展開になります。アルバレスが「このラウンドで全てを出し切る。」といった勢いで連打を繰り出し、ゴロフキンの顔面を捉える場面も。

お互い引かない激しい打ち合いの末、試合終了のゴングが鳴り、両者とも両手を上げて勝利をアピールしました。

ゴロフキンVSアルバレスのコメントや感想も!

この試合に対し、ゴロフキンとアルバレスはどのようなコメントを残したのでしょうか?

ゴロフキン コメント

ゴロフキンのコメントは以下の通りです。

今日はビッグな一日で、多くの友人も試合を見に来てくれました。アルバレスは経験豊富なファイターで、私はこのような試合が大好きです。理想の展開にはなりませんでしたが、現在もベルトを持っているのは私です。今日はありがとうございました。カザフスタンのファンに感謝します。リマッチは当然やりたいです。本物の戦いをお見せしたいと思います。


アルバレス コメント

続いて、アルバレスのコメントは以下の通りです。

ゴロフキンは予想していたほど強くなく、全然たいしたことはなかった。私が勝っていたと思う。(インタビューアーに劣勢だったのでは?と言われ)私はそうは思わない。ラウンド終盤ではすでにポイントでリードしていた。もちろんリマッチして次は勝ちたい。


って・・・アルバレスのコメント子供過ぎでしょ!(笑)チャンピオンのゴロフキンが紳士的な発言をしてるんだからもうちょっと大人の対応してもらわないと・・・。

まぁそれはさておき、最後に今回の試合に関して僕の感想をお伝えしたいと思います。

まず言いたいのは、思いのほかアルバレスが頑張ったということです。前に出ていたのはゴロフキンなのに、下がりながらもよく強烈なコンビネーションを出せたなぁと素直に感心してしまいました。

圧力ではゴロフキンが勝っていましたが、コンビネーションではアルバレスの方が一枚上手だったように感じます。どちらにポイントを付けていいか迷うラウンドもいくつかあったので、接戦だったのは間違いないですね。

が、しかし!

110対118でアルバレスの勝ちにしたジャッジだけは全く納得いきません。

「あなた本当に試合見てました?」ってツッコミたくなるほどひどい採点だったと思います。

まぁ試合前から今回のジャッジはアルバレス寄りだとは聞いていましたが、ここまでとは想像していませんでした。

個人的には僅差でゴロフキンの勝利だと思っていますが、まぁ見る人が見ればドローもあり得るかもしれません。

両者とも白黒をはっきりと付けることができなかったので、再戦が組まれるのは時間の問題でしょうね。次戦が実現すれば激しい打ち合いの末、KO決着を期待したいと思います。

というわけで今回は、ゴロフキンVSアルバレスの試合についてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 堀口恭司
  2. ローマン・ゴンザレス
  3. 高山善廣
  4. 山中慎介
  5. 亀田興毅
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



3歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて