内藤大樹が那須川天心と再戦!戦績や実力は?試合結果&衝撃展開も

この記事は3分で読めます

内藤大樹さんといえばシュートボクシング日本スーパーバンタム級王者の経歴を持ち、2017年には格闘技イベントRISEの-57kgトーナメントで優勝したキックボクサーですね。

保育園の頃から空手を学び、空手の大会やシュートボクシングのアマチュア大会で経験を積み、若いながらも高校1年でプロデビューしているためキャリアも十分なんだとか。

内藤大樹

格闘技をやっていると、普通の家庭のお母さんは「危ないからやめてほしい」と思いそうなものですが、内藤大樹さんのお母さんは「情けない試合をするな!」と檄を飛ばすそうです。(笑)

今回は内藤大樹さんの那須川天心戦についてや、戦績や実力についてまとめてみました。

内藤大樹のプロフィール!那須川天心と再戦!

【名前】内藤大樹(ないとう たいき)
【出身】愛知県
【誕生日】1996年1月13日
【身長】172cm
【所属ジム】ストライキングジムAres

内藤大樹 那須川天心

2018年11月17日に内藤大樹さんと、天才キックボクサーの那須川天心の試合が両国国技館で行われました。

正直、知名度で言えばダントツで那須川天心に劣る内藤大樹さん。

しかも2015年に一度那須川天心と戦っており、開始20秒で左ハイキックを浴びてダウンを喫しています。

当時は1ラウンド1分20秒時点でも左フックを浴びてダウンし、その後パンチのラッシュから狙いすました左ストレートで試合が終了しました。

たったの1分41秒でKO負け。

圧倒的な差で敗北を喫した内藤大樹さんは、その後「打倒那須川天心」の気持ちをもとに経験を積み、人生を賭けて今回の再戦に挑んだそうです。。

内藤大樹の戦績や実力は?

そもそも内藤大樹さんの情報を知らない人が多いと思いますので、戦績や実力についてご説明しますね。

まず、戦績ですが、(那須川天心との再戦前の段階で)

34戦28勝6敗(9KO)なんだとか。

一般的に言うと勝率は高いと思いますが、トップファイターの中で考えるとちょっと負けが多いかもしれません。

あと、KO率が「かなり低い」・・・。

逆を言えば判定まで戦い抜くスタミナがあるという点と、ポイントをしっかりと取るという点について長けているとも言えますね。

内藤大樹 戦績 実力

また、実力に関してはキレイな戦い方をするテクニシャンで、軽量級では長身となる172cmから繰り出す遠い距離からの攻撃で相手が入りづらい印象を受けます。

ただ、一撃の破壊力については特にずば抜けているものではなく、コツコツ当ててダメージを蓄積させていくタイプですね。

こうした戦績やスタイルを見ると、あまり強くなさそうな印象をうけるかもしれませんが。(笑)

ただ、内藤大樹さんは「2018年のK-1フェザー級トーナメント」優勝者の・・・

村越優汰さんに勝利しているんですよ(驚)

内藤大樹 村越優汰

村越優汰さんは那須川天心と5ラウンド戦い抜き、2-0の判定という接戦まで持ち込んだ選手。

そんな村越優汰さんに勝利しているということは・・・

内藤大樹=めちゃくちゃ強い

と言っても過言ではありません。

しかも今まで6敗していますが、KO負けは那須川天心戦のみなので、ディフェンスもしっかりしています。

知名度こそ無いものの、内藤大樹さんの実力をこれから見る人たちは驚かされるかもしれませんね。

内藤大樹VS那須川天心の試合結果予想&衝撃展開も!

最後に、内藤大樹さんと那須川天心の再戦について試合結果や衝撃の展開をお伝えしたいと思います。

まず、試合結果は・・・

那須川天心の1ラウンド1分59秒KO勝ちです。

内藤大樹 那須川天心 試合結果

試合展開としては那須川天心が終始前に出続け、パンチからヒザのコンビネーションや、パンチからミドルキックを繰り出していました。

圧力を感じロープへと押し込まれた内藤選手に対し、那須川天心は左のヒザを打つフェイントからの左ストレートでダウンを奪取。

なんとか立ち上がった内藤選手ですが、パンチとひざ蹴りのコンビネーションを浴び続け、やはり左ストレートでダウンを奪われます。

目がうつろになりながらも立ち上がる内藤選手。

試合が再開されると「同じ動画を繰り返し見せられているような」那須川天心のパンチとヒザのラッシュ。

内藤選手は倒れこそしませんでしたが、あまりの一方的な展開にたまらずレフェリーがストップ。

残酷なようですが、大人と子供くらいの差があったように感じました。

戦前から那須川天心は内藤選手に対し、

「内藤選手は打たれ弱くなっている」と分析しており、KO勝ちをにおわす発言を繰り返していたんです。

内藤選手は那須川天心との初戦以降、他の選手に対してKO負けこそないものの、1発相手の攻撃を被弾してしまうと動きが大きく落ちる場面がいくつかありました。

その発言に対する内藤大樹さんの答えは・・・

「打たれ弱くなんかない!」ではなく・・・「確かに打たれ弱くなった」でした。(笑)

内藤大樹 那須川天心 試合結果

ただ、そうした弱点を認めつつも内藤大樹さんは、

「打たれ強さや技術以上に、那須川天心に勝つという気持ちで勝負する」

と戦前から意思表示しており、実際に気持ちの部分では相当なものを感じさせられました。

恐らく、内藤大樹さんは序盤からハイペースで前に出て、リーチ差を活かしつつもKOを狙っていくつもりだったと思いますが・・・。

さらに進化していた那須川天心の圧力の前では気持ちやリーチ差でどうにかなるレベルではなかったということでしょう。

那須川天心と恋人「浅倉カンナ」が衝撃的すぎる!(画像あり)
参考:浅倉カンナと那須川天心のキス画像!熱愛トレーニングや結婚の噂も


内藤大樹さんは「那須川天心と戦えるのは最後」との覚悟で試合に挑んだそうですが、まだまだ若い選手なのでもう一度鍛えなおして3度目の対戦を実現させてほしいと思います。

そうした目標を掲げつつ、今後も素晴らしいファイトをファンに見せつけてほしいですね。

というわけで今回はキックボクサーの内藤大樹さんについてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. メイウェザー 那須川天心 逃げた
  2. 浅倉カンナ RENA
  3. 亀田姫月
  4. 浅倉カンナ
  5. 山中竜也
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



4歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて