拳四朗の次戦はペドロ・ゲバラ!ファイトマネーは?父や彼女の噂も

この記事は3分で読めます

拳四朗さんといえばWBC世界ライトフライ級のベルトを獲得したプロボクサーですね。

京都府のボクシングジム所属選手としての世界王者は拳四朗さんが初めてなんだとか。ちなみに、拳四朗さんの名前は漫画「北斗の拳」の主人公「ケンシロウ」からとられたものだそうです。

拳四朗

えっと・・・北斗の拳のケンシロウに比べると、かなり弱そうに感じるんですが・・・。

これがリングの上だとめちゃくちゃ強いので、見た目ってあてになりませんね。(笑)

今回は拳四朗さんの次戦やファイトマネー、さらに父や彼女の噂についてもまとめてみました。

拳四朗のプロフィール!次戦はペドロ・ゲバラ!

【名前】拳四朗(けんしろう)
【誕生日】1992年1月6日
【階級】ライトフライ級
【身長】164.5cm
【リーチ】165.8cm
【出身】京都府

拳四朗 プロフィール

ほんとに何度見てもボクシングをするような姿には見えないですよね。優しい少年って感じがします。(笑)

ただ、プロボクシング戦績は 10戦10勝5KO を記録し、たったの一度も敗北を経験していないんです。

そんな拳四朗さんは2017年10月22日に両国国技館で世界タイトルの初防衛戦を行います。

相手はメキシコのペドロ・ゲバラ。画像右側の男性ですね。

ペドロ・ゲバラ

「強そう・・・。」

この選手は30戦のキャリアで9割の勝率を誇り、KO率も拳四朗さんよりも高く侮れない相手です。

でも、そんなこと言って結局かませ犬なんじゃないの?と思ったそこのあなた!

このペドロ・ゲバラは、日本が誇る世界3階級制覇王者の八重樫東さんを、

生涯初の10カウントでのKOで葬り去っているんです。(驚)

八重樫

八重樫さんは、あのPFPランキング(階級を考慮しない世界中のボクサーの強さランキング)で1位を獲得したローマン・ゴンザレスにすら真っ向勝負で打ち合い、10カウントを許さなかったのにも関わらず、このペドロ・ゲバラの前では立ち上がることができなかったなんて・・・・・。

普通にヤバくないですか?

個人的には拳四朗さんを応援しますが、予想としてはペドロ・ゲバラが有利だと思っています。メキシカンの独特のリズムでリーチを活かした戦いをされると苦しいかな・・・と。

ただ、拳四朗さんはこんな強敵を迎えても、ニコニコ顔で「圧勝します♪」と公言しているから頼もしいですね。(笑)

本当に圧勝しちゃうのか、逆に10カウントを聞かされる羽目になるのか、試合当日が楽しみで仕方ありません。

拳四朗のファイトマネーは?

ボクシングの世界王者ともなれば毎回注目されるのが、ファイトマネーですよね。

例えばフィリピンの英雄マニー・パッキャオと戦ったメイウェザーは36分間で数百億円を稼ぎ出すというとんでもない偉業を達成しました。

メイウェザーの驚愕金持ちエピソードはこちら
参考:メイウェザー復帰!マクレガー戦の勝敗予想は?資産や子供の噂も!


そこで拳四朗さんのファイトマネーは一体いくらなのかを検証してみることにしました。

拳四朗

拳四朗さんのファイトマネー自体は公表されていませんが、ボクサーの基本的なファイトマネーを基準に考えていきたいと思います。

4回戦・・・6万円
6回戦・・・10万円
8回戦・・・10~30万円
日本タイトル・・・50万円~150万円
世界タイトル・・・数百万円~数千万円

人気によっても変わってくるので、人によっては大幅に金額がアップすることもありますが、大体これくらいの金額が一般的なんだとか。

ちなみに、体重が重くなればなるほどファイトマネーも高い傾向にあるみたいですね。

と、なると・・・。

体重が軽く、人気(知名度)もそこまで高くない拳四朗さんの世界戦のファイトマネーは、1000万円いけばいいところだと予想できます。

ただ、今後勝ち続け防衛回数を伸ばせば3000万円以上のファイトマネーを手にするのは現実的な話ではないでしょうか?

さらに、井上尚弥さんのようにアメリカ進出を果たせば将来的に1試合1億円以上稼ぐことも夢ではないはずです。

井上尚弥さんの今後についてはこちらの記事!
参考:井上尚弥がロマゴンKOのシーサケットと対戦?井岡一翔戦や弟の噂も


拳四朗さんには、体が小さくても拳ひとつで大金を稼ぎ出せることを証明し、これからボクシングを始める人にとっての希望になってもらいたいと思います。

拳四朗の父親や彼女の噂も!

実は拳四朗さんのお父さんも昔はボクシングをやっており、日本ミドル級王者や東洋太平洋ライトヘビー級王者にもなったそうです。

お父さんの名前は寺地永さん。なんと164cmの拳四朗さんに対し、お父さんは189cmもあるんだとか。(驚)

拳四朗 父

お父さんの方が2000倍強そうに見えますね。というかお父さんの方がケンシロウに近い。(笑)

まさに、大人と子供です。

きっと拳四朗さんは強いお父さんに憧れて「僕もボクシングをやりたい!」とお願いしたんでしょうね。

・・・と、思っていたのですが。

実はお父さんが無理やりボクシングをやらせたそうです。(笑)

こんな強そうなお父さんに「やれ」と言われたら「はい」の一択に決まってます。(笑)

拳四朗

ちなみに拳四朗さん、あっちの方面はどうなんでしょうか?

そう、彼女ですね。

若々しく可愛らしいルックスに世界チャンピオンの肩書き。そして強くお金も持っている。

モテる要素満載の彼ですが・・・。

彼女はいないと思われます。(報道が一切ないので。)

今は女性よりもボクシングなんでしょうね。AKB48でも恋愛禁止でアイドル活動に集中しているのに、ボクシングの世界チャンピオンが彼女にぞっこんで毎日デートなんてありえないですから。(笑)

拳四朗さんは世界王者にはなりましたが、王者奪取よりも難しいとされる防衛をいかに積み重ねていくかが今後の課題だと思います。名チャンピオンとして名を残すのか、一瞬ベルトを巻いた平凡なチャンピオンとして終わるのかは現在の練習次第ですね。学生時代に井上尚弥さんにKO負けしている経験があるようなので、その悔しさをバネにして彼を追い抜くほどの偉大なボクサーになってほしいと思います。

というわけで今回はプロボクサーの拳四朗さんについてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ゴロフキン アルバレス
  2. 大和心
  3. 久保隼
  4. 高山善廣
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



3歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて