桜井和寿の姉がすごい!子供の数は?引退後の夢や驚きの作曲方法も

この記事は2分で読めます

桜井和寿さんといえば、数々のヒット曲を生み出した人気ミュージシャンの「Mr.Children」でボーカルとして活躍する人物ですね。

デビュー前から実力が評価されていて、大手レーベルからソロデビューのオファーがあったんだとか。でも、バンドで一緒にやってきたメンバーと音楽をやりたい気持ちが強く、ソロでの活動は断っていたみたいです。

桜井和寿

1987年から活動をしており、幅広い年代に愛されているミュージシャンの代表ともいえるのではないでしょうか?(僕もミスチルの音楽を聴くと青春時代を思い出します。)

今回は桜井和寿さんの姉や子供について、さらに引退後の夢や驚きの作曲方法について調べてみました。

桜井和寿のプロフィール!姉がすごい!

【本名】櫻井 和寿(さくらい かずとし)
【誕生日】1970年3月8日
【出身】東京都
【職業】ミュージシャン
【活動期間】1987年~
【レーベル】トイズファクトリー

桜井和寿 プロフィール

驚くことに、桜井さんは小学校時代に「音楽は女がやるもの」だと思い込み、音楽を避けていたそうです。先生から「歌いなさい」とビンタされても絶対に歌わなかったんだとか。(笑)

中学校時代に桜井さんのお姉さんがフォークギターを買ってきたので、桜井さんは試しに「禁じられた遊び」を下手くそながら弾いてみたんだそうです。それを聴いたお姉さんの口から、桜井さんの人生を変える一言を発します。

「あんた天才じゃないの?」

この一言で桜井さんは気分を良くし、音楽にのめり込んでいったそうです。つまり、この一言が無ければ、Mr.Childrenは生まれなかったということになります。

お姉さんは桜井さんのギターが下手くそだと思ったが、わざと褒め言葉を投げかけたみたいですね。(内心はバカにしていたそうですが。笑)

ファンの僕としては、桜井さんを音楽の道に進ませてくれたお姉さんに「ありがとう」と心から思っています。

桜井和寿の子供や引退後の夢について!

桜井さんは一度離婚歴があるそうです。現在はギリギリガールズというグループで活動していた吉野美佳さんと結婚しています。

前妻と現在の妻との間には子供が4人もいるんだとか。

1994年10月に長女の優歌ちゃん

2001年6月に長男の海音くん

2003年4月に次男の愛音くん

2008年3月に三男の 奏楽くん

1人目が前妻との子供で、残りの3人は現在の奥さんとできた子供みたいです。

全員音楽を連想しそうなフレーズが入っているところに桜井さんらしさを感じますね。

桜井和寿

溺愛するお子さんもいるし、地位もお金も手に入れた桜井さんですが、まだ実現していない夢があるそうです。引退後に実現させたいと考えているその夢は・・・

大工さんになること。(笑)

実家が工務店を営んでおり、その影響から大工に憧れていたみたいですね。

まぁこの発言をしたのは以前のことなので、現在もそう思っているかはわかりませんが、ちょっと意外でびっくりしました。

桜井さんが大工になったら家の注文が殺到すると思います。(笑)

桜井和寿の驚きの作曲方法とは!?

Mr.Childrenの曲、ほぼ全ての作詞作曲を担当している桜井さんですが、驚きの方法で作曲することもあるんだとか。

例えば、名曲の「終わりなき旅」は半分寝ながら作ったみたいです。(笑)

寝る ⇒ 少し曲が浮かぶ ⇒ 寝る ⇒ また続きの曲が浮かぶ

を繰り返して書き取っていると一曲できたんだとか。マンガみたいな話ですね。

桜井和寿

他にも、トイレやお風呂で鼻歌を使った作曲をすることも多いみたいで、そういうリラックスした状況の方がいいメロディーが生まれやすいと桜井さんは言っています。

あの数々の名曲が「寝ながら」や「トイレで鼻歌」で作られていたなんて驚きです。(笑)

まだまだ現役で活躍している桜井さんには、これからもどんどん名曲を生み出してファンを楽しませてほしいですね。

ということで今回は人気ミュージシャンの桜井和寿さんについてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 川栄李奈
  2. 福山雅治
  3. 橋本環奈
  4. 瑛太
  5. 観月あこ
  6. みやぞん
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

名前:いろペル(♂)



3歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて