北朝鮮は日本を攻撃する?Jアラートとは?ミサイルへの対応策も

この記事は2分で読めます

現在、北朝鮮の核開発やグアムへのミサイル発射発言といった他国への威嚇行動が問題となっています。(本当に迷惑な話ですよね。)

特に北朝鮮とアメリカが一触即発の状況で、アメリカの同盟国である日本においても、戦争はもはや他人事ではありません。

参考:北朝鮮への暗殺計画!アメリカとの戦争の結果予想は?旅行の噂も

北朝鮮

「いやいや、日本は安全でしょ。」と思っている人も多いかもしれませんが、あまりに楽観的な気持ちでいると、いざ何かが起こった時に後悔することになります。

そこで今回は、北朝鮮の日本への攻撃やJアラートについて、さらにミサイルへの対応策もまとめてみました。

北朝鮮は日本を攻撃するのか?

北朝鮮はアメリカと仲良しの日本を良く思ってません。

北朝鮮は日本がアメリカに協力するのであれば「日本列島が沈むことになる。」といった過激な発言をしたこともあります。

ただ、本当に日本が攻撃される可能性はあるのでしょうか?

北朝鮮 日本

もちろん「100%攻撃される」であったり、「100%攻撃されない」といった断言はできませんが、

アメリカが北朝鮮を攻撃しない限り日本には攻撃しない。

というのが有力だと思います。

なぜなら、北朝鮮が日本を攻撃するということは、
同盟国であるアメリカが北朝鮮を必ず攻撃することになるからです。

アメリカの攻撃を受ければ北朝鮮はほぼ確実に崩壊しますので、最高指導者の金正恩の考えとしては最も避けたい展開でしょう。

ただ、アメリカが先制攻撃で北朝鮮を攻めた場合、話は変わってきます。

なぜなら、北朝鮮が敗北を覚悟した際に他の国も道連れに攻撃する可能性が非常に高いからです。

「じゃあアメリカは北朝鮮を攻撃しなければいいじゃん。」といった意見も聞こえてきそうですが、このまま北朝鮮に核開発を続けさせると将来的にアメリカをも脅かしかねない存在になる危険性があります。

危険を承知で今潰しておくべきか、現在の平和を優先させて将来的な不安を残しておくかは難しいところですね。

北朝鮮の攻撃の際に発動するJアラートとは?

全国の各自治体では、国が発信した緊急情報を市民に知らせる全国瞬時警報システム「Jアラート(J-ALERT)」を採用しています。

これは緊急地震速報や弾道ミサイル情報などの、瞬時に対応が必要な緊急情報を、人工衛星を用いて国(消防庁・気象庁)から各自治体の防災無線を起動させるシステムです。

Jアラート

これにより、北朝鮮から弾道ミサイルが日本に発射された場合、Jアラートがその事実を知らせてくれます。

ちなみに、Jアラートはミサイルが日本に届く 約10分前に発動 するので、その10分間をどう使うかによって生死が分かれてしまうかもしれませんね。

北朝鮮のミサイルが発射された場合の対応策!

では、我々日本国民はミサイルが発射された場合、どのように対応すれば良いのでしょうか?

北朝鮮 ミサイル

1.屋外にいる場合
出来る限り頑丈な場所(コンクリート造りの建物や地下街)に避難する。

2.屋内にいる場合
外には絶対にでない。
身を低くし、布団や机に隠れて頭を守る。
窓から離れること(ガラスの破片が飛んでくるため)。

といったシンプルな行動を取る必要があります。

さらに、安全を確保してからテレビやラジオなどから情報を得るようにしてください。

たったこれだけのことで生死が分かれる可能性があります!

決して軽視せずに、この対応策を覚えておいてくださいね。

もちろん、いつ来るか分からない「運命の日」に備えて、非常食や水などを備蓄しておくことも大切ですよ。

北朝鮮問題で戦争に怯えて暮らすのはすごく嫌なので、安心して暮らせる日々が早く来てほしいと思います。もちろん、可能であるならば誰も傷つけずに北朝鮮とアメリカ、その他の国を交えて話し合いで平和的な解決をすることが一番望ましいですね。僕はそうなるように心から願っています。

というわけで今回は北朝鮮問題についてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 北朝鮮
  2. 猫
  3. ソフトバンク
  4. 藤田菜七子
  5. ジョーブログ
  6. 金縛り
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



3歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて