面接の落とし穴!怖い質問や誘導尋問!言ってはいけない言葉とは?

この記事は3分で読めます

就職活動で絶対に避けて通れないのが面接試験ですよね。

無難な答えで明るくニコニコしていれば採用!なんていうのはアルバイトや競争率がほとんどないような仕事だけだと思います。

人気のある仕事に就きたい!大企業で働きたい!高収入な仕事をしてみたい!なんて考えている場合は必ずと言っていいほど多くの応募者が集まり、高倍率の中を勝ち抜く必要が出てくるんです。(まぁ高収入でも人がすぐ辞めていくほど過酷なブラック企業であれば簡単に採用されるかもしれませんが・・・。)

面接 落とし穴

僕の記事を読んで希望の会社の内定をしっかりとゲットしてくださいね。

参考:面接対策で就活を乗り切る!転職回数の説明は?評価基準について

そこで今回は、面接試験の落とし穴への考え方や怖い質問、さらに誘導尋問や言ってはいけない言葉についてまとめてみました。

面接には落とし穴があると用心すべき!

面接というのは当然ながらあなたがその会社に適しているかを見極めるための試験です。

さらに言うなら、数多くの応募者の中から、より優れた人材を獲得したいというのが企業の考え方だと思います。

あなたの良さを引き出すような質問もありますが、中には一発で不採用にされたり、大幅なマイナス点を与えられるような落とし穴になりうる質問もあります。

油断していると落とし穴に落ちて、さらに採用試験にも落ちてしまいますから、絶対に気を付けてください!!

なんて不安にさせてしまいましたが、この記事を読み進めてもらえれば何が落とし穴なのかが分かりますので安心してくださいね。(笑)

面接 落とし穴

面接における意外と怖い質問とは?

面接試験の落とし穴の一つに、意外と怖い質問があります。

例えば現在他の会社に勤めている人が転職活動を行っている場合であれば、こう聞かれることが多いはずです。

「あなたを採用したら、今の会社はすんなり辞められそうですか?」

この自然な質問に対する最悪な答えは、「多分大丈夫だと思います。」といった感じです。(もちろん、「辞められそうにありません。」なんて言っちゃう人は論外ですよ。笑)

面接官が気にしているのは以下の二点だと考えられます。

「採用したらこの人はちゃんとうちの会社に来てくれるのか?」
「今の会社でどれだけ必要とされているのか?」


なので、「多分大丈夫です。」なんて言うと「今の会社を辞められる確証が無いなら採用しても断られる可能性があるな。じゃあ採用したら確実にうちの会社に来てくれる別の人を採用しよう。」となったり、「多分会社を辞められるということは、そこまで会社に必要とされていない人材なのかな?」と思われてしまいます。

なので一番面接官への印象が良い回答は、「大丈夫です。御社の採用試験を受けることについて、会社の上司に了承を得ています。最初は転職について上司から引き留められましたが、私が〇〇の仕事に就いて〇〇を実現させたいことを時間をかけて話し合った結果、今では応援してもらっています。」

このように答えると面接官は「採用したら必ずうちの会社に来てもらえる。」「上司から引き留められるほど必要とされていた人材。」という認識を持ちますね。

また、他の会社の採用試験も並行して応募している場合もよく聞かれる質問がこちら。

「第一志望はどこの会社ですか?」

まぁこの質問の回答を間違える人はほとんどいないと思いますが。(笑)

絶対に、「御社が第一志望です。」と答えましょうね。(他の会社が第一志望です。なんて言っちゃったら、仮にそれが本心であったとしても99.999999%不採用になりますから。)

御社が第一志望というのはウソでもいいから絶対に答えることです。面接官側もウソかもしれないことは承知の上で聞いてきてますから。

二つ質問例を挙げましたが、こうした質問は答え方が悪いと一発で不合格になる質問ですのでくれぐれも気を付けてください!

面接での誘導尋問!言ってはいけない言葉とは?

面接でたまに行われるのが誘導尋問です。

例えば、あなたが現在(または過去)の上司との仕事のエピソードを語ったとしますね。

すると面接官が、「へぇ、その上司の人とはそんな感じで連携して仕事に取り組んでいたんだ。頑張っていたんだねぇ。」なんて納得しながらホッとさせるような雰囲気を出してきます。

そこで面接官は笑いながら「いい上司ばっかりだといいけど、うちの会社に昔変わったのがいてね、〇〇な理由で部下から嫌われていたんだよ。(笑)君の会社にも一人くらい変な上司や嫌われている上司いるよね?(笑)」と返してきたところ・・・。

「そうなんですよ。〇〇さんっていう上司がいまして、この人の〇〇な行動や〇〇な発言が社内で問題になって皆嫌っていました。(笑)」なんて和やかな感じで回答してしまうと、

しっかりと減点されます!

まぁこの回答は少し大げさかもしれませんが、このように和やかなムードを演出されて素の部分を引き出される可能性があるんです。

面接 落とし穴
もちろん質問の種類もいろいろありますから気を付けましょう。

質問によっては、「実は前の仕事めちゃくちゃサービス残業が多くて嫌だったんですよ。」なんて答えてしまうかもしれませんし。

ありがちなのが「あまり自分の希望通りの仕事をやらせてもらえなかった。」なんて言っちゃうパターン。これも減点ですから気を付けましょうね。希望通りの仕事をやらせてもらえなかったと言うのはマイナス発言なので、(そこは言わずに)「御社であればさらに私の希望に適した仕事ができる。」とプラス発言に置き換えればいいだけなんです。

このように、面接の質問の中でも油断していてはいけないものが多いので、「この質問はどのような意図があるのか?」ということを素早く冷静に分析した上で回答するように心がけましょう。

というわけで今回は面接試験の落とし穴についてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 面接対策
  2. 面接
  3. 面接
  4. 面接
  5. 集団討論
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



3歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて