山中慎介がネリと再戦!勝敗を大予想!年収や神の左以外の必殺技も

この記事は4分で読めます

山中慎介さんといえば元WBC世界バンタム級王者のプロボクサーですね。

お子さんが2人いるそうで、2017年の年末には人気テレビ番組「はじめてのおつかい」にも出演するなどパパとしての姿も披露してくれました。

山中慎介

リングの外では優しいパパの山中慎介さんですが、日本人としては具志堅用高さんに次ぐ世界戦12回連続防衛の記録を持ち、パウンドフォーパウンド(体重差を考慮しない強さランキング)でトップ10入りしたこともある実力者として世界中の強豪達から恐れられています。

今回は山中慎介さんとルイス・ネリの再戦や結果予想、さらに年収や必殺技についてまとめてみました。

山中慎介がルイス・ネリと再戦!

2017年8月15日、山中慎介さんにとって13度目の防衛となるはずだった一戦でメキシコのルイス・ネリに「まさかの」TKO負けを喫したことは皆さんご存知だと思います。

引退するか、現役を続行するかでしばらく悩んでいた時期もあったようですが・・・。

ついに、宿敵ルイス・ネリと再戦することが決定しました!

山中慎介 ネリ

再戦は2018年3月1日に両国国技館で行われるそうです。

山中慎介さんにリベンジを果たしてほしいと思っている日本国民はめちゃくちゃ多いのではないでしょうか?

前回勝っていれば具志堅用高さんと防衛記録が並ぶから雪辱して欲しい!というのももちろん理由の一つなんですが。

もう一つ、山中慎介さんが絶対にリベンジを果たさなければならない理由がありますよね。

そう、ルイス・ネリのドーピング疑惑です。

ルイス・ネリは試合後に体内からドーピングを疑われる物質が検出されました。本人いわく、「ジルパテロールの成分を含んだ牛肉ステーキを食べたから。」(たまたま)そうした成分を摂取してしまったと疑惑を否定しています。

が、しかし!

彼の体内から検出された成分は、

ステーキどころか牛一頭丸々食べないと検出されないような量だったそうです。

今回はドーピング検査は前回以上に厳しくなると思われるので、完全な実力勝負になるでしょうね。

山中慎介 再戦

最後に、もう一つ忘れていました。

前回のTKO負けは山中慎介さんが倒されたわけではなく、

セコンドの意思によるタオル投入だった

という点です。

本人は「効いていなかった」と主張しているので、あのまま続行していたら結果は逆だったかもしれません。

防衛記録を潰され、ドーピングの疑惑もあり、セコンドの意思によって試合が止められたとなればもう「因縁」しかないですよね。

これまで我慢し続けた悔しい気持ちをリング上で爆発させてほしいと思います。

山中慎介さんを敗北に追いやったタオル投入の理由が泣ける!
参考:大和心(山中慎介のトレーナー)って誰?タオル投入の理由が泣ける

山中慎介VSルイス・ネリの勝敗を大予想!

山中慎介さんとルイス・ネリの再戦について、やはり皆さんが一番気になる点は・・・

どちらが勝つのか?

ということですよね。

山中慎介 ネリ 予想

昨年世界王者を獲得した村田諒太さんのように、因縁の相手(アッサン・エンダム)に完勝してリベンジを果たす!というドラマチックなイメージを持つ人は多いかもしれませんが・・・

前回の山中慎介さんとルイス・ネリの試合は、セコンドのタオル投入が敗北の原因だったとはいえ・・・

ネリが優勢だったことは紛れもない事実なんです。

若くて無敗という「怖いもの知らずの」のネリは、リーチの長い山中慎介さんとの距離をガンガン詰めて強烈な左右のフックを振り回してきました。

必死に距離を取ろうと後ろに仰け反る場面も多かった山中慎介さんは、ネリのパンチを何発ももらって焦っている印象でした。

山中慎介 予想

また、ネリは一度勝利しているため、次戦でも恐れず前に出てくることが予想されます。こうした心理的な影響から、敗者にとっての「再戦」は不利なんです。

日本屈指のハードパンチャーの内山高志さんも、11連続防衛記録がパナマのジェスレル・コラレスによって止められ、再戦でも敗れた経緯があります。

ただ、山中慎介さんも前回と同じような展開にするつもりは無いと決心しているそうです。

ネリはジャブもアッパーもフックも全て力強く、かつスムーズに繰り出しているし、パンチも伸びてサウスポーというやりにくさ満点の怪物なので。

山中慎介さんは、「無理に距離を取って連打を許してはいけない。」と意識し、

インファイトで打ち合える「新型神の左」を練習しているんだとか。(驚)

山中慎介さんは恐らく、この再戦で敗北をすれば「引退」することだと思います。

そうした覚悟の元、宿敵とリング中央でバチバチの打ち合いを演じ、どちらかが倒れるという展開が強いのではないでしょうか?

「下がらないこと。」これが次戦のポイントとなると思います。

一度勝利しているネリの自信と無敗の勢いも凄まじいですが、山中慎介さんのリベンジと引退を賭けた「気持ち」もこれまた凄まじいので、僕の予想としては・・・。

両者とも勝つ確率は「50%」の互角!と見ています。

どちらが勝つにしても死闘は避けられませんが、山中慎介さんが再びベルトを腰に巻く姿を期待せずにはいられませんね。

山中慎介の年収や神の左「以外」の必殺技も!

山中慎介さんほどの防衛記録を重ねるボクサーともなれば、やはり気になるのは年収ではないでしょうか?

ボクシングの世界王者ともなれば一試合3000万円程度が相場と言われていますが、やはり人気や実力によって金額は変動するようです。

1994年に行われた「辰吉丈一郎VS薬師寺保栄」の一戦はお互い1億7100万円を手にしたんだとか。(驚)

元世界ライト級チャンピオンの畑山隆則さんは、一試合に5000万円や7000万円を稼いだり、亀田三兄弟の長男、亀田興毅さんは一試合で1億円ほど稼いだこともあるそうなので・・・。

ぶっちゃけ、実績的に上記の選手を超える山中慎介さんはもっと貰っていても不思議ではないと思います。

年間3試合をこなす山中慎介さんであれば、少なく見積もっても年間1億円、多ければ2億円以上稼いでいる可能性もあります。

まぁ実質、一生働かなくても生活していけることは間違いないでしょうね。(笑)

なので、お金のためではなく、ボクサーとしてのプライドが彼を突き動かしていることだと思います。

山中慎介 年収

最後に、山中慎介さんは「神の左」という最強の武器が注目されていますが、実は必殺技はそれだけではないということをご紹介したいと思います。

もう一つの必殺技とは・・・

名付けて、「神のチラ見」です!(笑)

山中慎介さんは相手に対し、強烈なボディへのパンチを叩き込み、「ボディへの恐怖」を植え付け、その後はちょくちょく「ボディをチラ見」して相手をビビらせるんだとか。

こうした細かい心理的なテクニックがあるからこそ、相手の注意力を低下させ、結果として神の左を顔面に叩き込むことができるのではないでしょうか。

ルイス・ネリとの初戦の敗北についてはこちら!
参考:山中慎介まさかの王座陥落!なぜ負けた?タオル投入が早すぎる?


山中慎介さんは「負ければ引退」という覚悟でリベンジマッチに挑むことだと思いますが、必ず勝って日本人全員が味わったあの日の敗戦のショックを払拭してほしいと心から願っています。

というわけで今回は最強ボクサーの山中慎介さんについてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 亀田大毅
  2. 村田諒太
  3. 高山善廣
  4. 堀口恭司
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



3歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて