武尊が皇治に圧勝?那須川に負けてる?絶対「するべき」コメントも

この記事は4分で読めます

武尊といえばK-1史上初となる世界3階級制覇を成し遂げた「現K-1のカリスマ」として知られるキックボクサーですね。

「格闘技は気持ち」という信念を持っており、リスクを冒してでも常にKOを狙い続けるアグレッシブなファイトスタイルが多くの格闘技ファンに支持されています。

武尊 那須川 するべき

K-1でどれだけ強い相手と戦っても、心のどこかでファン達は「武尊が負けるわけがない」と思っているでしょう。

格闘技ブームが復活しつつある現在、K-1王者である武尊の注目は今後さらに増していくことだと思います。

今回は武尊と皇治の試合や、那須川天心に負けてる部分、さらに絶対に「するべき」コメントについてまとめてみました。

武尊が皇治に圧勝!?

かねてより武尊と挑発合戦を繰り広げていたK-1の皇治選手。

2018年12月8日に、この二人の激突が決定し、現在では対戦も終わっています。

試合会場は皇治の地元でもある「大阪」のエディオンアリーナ。

武尊 皇治 するべき

当日は王者である武尊ファンと、地元大阪の皇治応援団の熱気が会場に包まれ、まぁ盛り上りは半端ではありませんでした。

結果は皆さんご存知の通り、

「武尊が複数のダウンを奪って判定勝ち」

ただ、負けた皇治も過去最高のコンディションと過去最高の気持ちで武尊に立ち向かい、最後まで逆転を期待させてくれるような激しい打ち合いを披露してくれました。

戦前からキックボクサーとしての強さのレベルは「武尊が格段に上」だと思っていましたので、判定は予想通り大差となったのですが・・・

武尊の圧勝だったとは思いません。

あれだけ作りこんできた武尊が、あれだけダウンを奪いながらも倒しきれなかった点を考慮すると「気持ちでは皇治が上」だったように感じます。

ただ、武尊もあれだけポイントを取っておきながら最後までリスク覚悟で打ち合った点はさすがK-1王者だなと感心させられました。

できることなら(ある意味)二人とも「勝利」と言いたいような試合内容だったので、いつの日かまた再戦をして熱い戦いを見せてほしいですね。

武尊が那須川天心に負けてる部分とは?

武尊は確かに強いですが、同じ日本人で武尊以上の評価を受けている人物がいますね。

そう、天才キックボクサー「那須川天心」です。

武尊 那須川 するべき

武尊は実力的に「圧倒的に那須川に負けている」とは思いません。

むしろ「ほとんど互角」だと僕は考えています。

ただ、武尊は那須川に圧倒的に負けている部分がありますよね。

それは、「世間から、そして世界からの注目度」です。

武尊が「K-1を地上波で放送することが目標!」などと言っていますが、那須川天心の試合は「毎回地上波で放送」されています。

武尊が「よくわからない外国人」と対戦している時、那須川天心は軽量級最強の総合格闘家「堀口恭司」と対戦し、日本中に熱狂の嵐を巻き起こしました。

武尊が皇治と戦っている時、那須川天心は史上最強のボクサー「フロイド・メイウェザー・ジュニア」と戦うことになりました。

武尊 那須川天心 するべき

もう選手としての価値は「歴然」なんですよ。

武尊と那須川天心、どちらが世界で評価され、どちらが今後の格闘技界に必要とされているかは明白。

実力的には武尊は那須川とほとんど変わらないのに・・・です。

武尊は内心悔しいはず。だからこそ、僕は武尊にしてほしいことがあります。

武尊が絶対に「するべき」コメントとは?

武尊は「K-1をメジャーにするために」と言って芸能活動に精を出したり、リングの上で派手なパフォーマンスを行っています。

武尊 するべき コメント

確かにそうした部分も大切です。

ただ、格闘技ファンの芯の部分では「そんなことより那須川天心と戦えよ」という考えがあります。

武尊自身は戦いたいはずだと思いますし。

ただ、K-1の運営サイドが「武尊が那須川に負けたら、K-1の商品価値が圧倒的に下がる」ことを懸念して、那須川との対戦を拒絶している傾向にあるんじゃないかなと・・・。

実際、那須川天心が武尊へ対戦を呼びかけると「K-1の運営側が那須川に損害賠償を請求する」などといった異常な行動へ発展したという事件もありました。

だからこそ武尊は、大好きなK-1サイドの意見を踏みにじらないために、「(那須川のことを)自分と戦いたいと言っている多くの選手の一人にすぎない」という偽りの言葉でかわしていたんです。

K-1と契約している選手の一人である以上、K-1に従うのは当然のこと。

でも・・・


でも・・・・



でも・・・・・






本当に一番「するべき」ことは、〇〇のコメントをすることなんですよ!!

武尊 するべき コメント

武尊が「するべき」ことは、近い将来に行う試合の「勝利者インタビュー」の際、このようにコメントすることだと僕は強く思っています。

「今までずっとK-1を引っ張ってきて、K-1がメジャーになるために全力で色々なことに取り組んで、本気で突っ走ってきました。K-1との契約についてもきっちり守って、用意された強豪たちを叩き潰してきました。ただ、一度だけ、俺のわがままを聞いてください。俺、自分の気持ちには嘘はつけません。宮田プロデューサーお願いします。那須川天心と戦わせてください!あいつを避けたまま、世界最強なんてファンは納得してくれません!宮田プロデューサー、俺、那須川天心に絶対勝つんで、戦わせてください!」

そう、武尊の心の中にある「言いたいけど言えていないコメント」はこれですよ。

このコメントができれば、どれだけ多くの格闘技ファンが熱狂するでしょうか?

このコメントができれば、本当に最強のキックボクサーが決まるのではないでしょうか?

このコメントができれば、ヘビー級が活躍していた全盛期のK-1を超えることができるのではないでしょうか?

近い将来、武尊が全ての格闘技ファンのために、そして何より自分自身のために、このコメントを言ってくれることを願っています。

追記:2018年12月8日のK-1大阪大会で武尊は(名前こそ出さなかったものの)那須川天心との対戦を希望しているような発言をしてくれました。正直、(K-1大阪大会の前に書いた)この記事を読んでくれたんじゃないか?と勝手に妄想してしまったのですが、何にせよちょっと嬉しかったですね。ただ、僕が希望している「名指しの強烈なコメント」はまだ出てきていないので、ぜひ今後はそうしたコメントに期待したいです。

那須川天心と天才ボクサー井上尚弥の「共通する」まさかの「弱点」がヤバすぎる!?
参考:井上尚弥と那須川天心はどっちが強い?パンチ力や才能比較!弱点についても


武尊は本当に才能に恵まれ、なおかつ努力を一切怠らないコンプリートファイターなので、リスクを恐れずに本物の強豪たちと素晴らしい試合を展開していってほしいですね。

今後も彼の更なる活躍を願いつつ、応援していきたいと思います。

というわけで今回は最強カリスマK-1ファイターの武尊選手についてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 那須川梨々
  2. 堀口恭司
  3. 那須川天心 大雅
  4. 格闘代理戦争2nd 決勝 結果速報
  5. メイウェザー
  6. 真珠野沢オークライヤー
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



4歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて