那須川天心はなぜメイウェザーに負けたのか?コメントや感想も

この記事は3分で読めます

2018年12月31日、RIZIN.14の舞台で那須川天心とメイウェザーのボクシングマッチが行われ世界中の注目を集めました。

試合が発表された際は誰しもが「嘘だろ?」と驚きを隠せなかったと思いますが、無事に開催されて良かったです。(笑)

那須川天心 メイウェザー 負け

体重差やルールの問題で圧倒的に不利だと思われていた那須川天心が「リングに上げれば僕の勝ちだ」と強気の発言をしていたことから「何か番狂わせが起こるのでは?」「那須川天心ならやってくれるかも?」という期待を与えてくれました。

・・・しかし、結果はまさかの1ラウンドTKO負け。(悲)

今回は那須川天心VSメイウェザーの試合について、なぜメイウェザーに負けたのかや、さらに感想についてまとめてみました。

那須川天心はなぜメイウェザーに負けたのか?

戦前から那須川天心への期待はあったものの、現実的な予想をするのであれば「メイウェザーが勝つ」または「メイウェザーがパンチをかわしつづけて3ラウンドが終わる」といったものが大部分を占めていました。

実際のところは誰もが驚いた「1ラウンドTKO負け」・・・。

あの天才「那須川天心」は、なぜこんなにもあっさりと人生初のTKO負けを味わったのでしょうか?

那須川天心 なぜ 負けた

やはり敗北の一番の要因は「体重差」だと思います。

メイウェザーの軽く見えるパンチで完全に足がガクガクになっていた那須川天心。

本当に「ポン」と合わせただけの左のパンチでも脳が揺らされたんですね。

メイウェザーも10kgほど体重が軽い相手のパンチは効かないと分かっていた感じだったので、前に出て攻撃しやすかったんだと思います。

負けた次の要因は「ボクシングルールの初戦」という点が大きいでしょう。

ボクシング技術が世界王者になってもおかしくないレベルとの評価を受けていた那須川天心ですが、いくら技術があっても初戦がボクシング界最強のテクニシャンであれば「うまく技術が出せない」のも無理はありません。

いつもならピンチを迎えてもキックで距離を取ったり、バックハンドブローや胴回し回転蹴りで意表を突くこともできますが、パンチだけの勝負という選択肢が限られた中ではピンチを回避する経験が無かったということでしょう。

那須川天心VSメイウェザーのコメントや感想についても!

この二人の一戦が終わった後、選手がコメントを残していますのでご紹介したいと思います。

【那須川天心のコメント】

皆さん。応援ありがとうございました。

もっとできるかなと思ってたんですけど・・・また頑張ります。

皆さんの応援が力になりました。

本当に僕は幸せです。また頑張ります。

那須川天心 メイウェザー 負け

【メイウェザーのコメント】

とにかく言いたいことは、日本や東京の皆さんは素晴らしい。本当にありがとう。今日の試合は私としては皆さんに楽しんでもらえる試合というのを意識しました。

そしてそれを実現できたことを本当にうれしく思います。神に感謝したいと思います。そしてこのイベントに寄与した全ての方々に感謝したいと思います。

それから、対戦相手をなってくれた那須川天心選手に心から感謝したいと思います。

今回はRIZINのスーパーエキシビジョンということで、皆さんに楽しんでもらおうと思ったわけですけども・・・ですので戦績には影響しないということで、天心君はこれからも無敗の王です。

これは今後も続きます。そして自分も引退した立場なので、自分が無敗というのも変わりません。

(天心に投げかけた言葉は)

「とにかく素晴らしい格闘家であるということを誇りに思って、今後を歩むように。」と伝えました。

世界の皆さんがどうぞ那須川天心君を応援してくれますようにと思います。

そして、RIZINとここにいる皆さんはNo.1です。世界最高です。ありがとうございます。

那須川天心 メイウェザー 感想

この試合を観た感想としては、素直に残念。

那須川天心が不利とは理解しつつも「クリーンヒットをさせてメイウェザーを焦らせてくれるのでは?」と期待していたからです。

しかし、試合内容を一言で言ってしまうと・・・

「レベルが違い過ぎた。天と地ほど。」

これは体重差も含めてのことなので、同じ体重であればもっと長く戦えたとは思いますが・・・

ボクシングという競技の奥深さを思い知らされた印象です。

今回の試合はRIZINが大金を積んで「世界に那須川天心という天才がいる」ということを証明しようとマッチメイクした大勝負でしたが、逆に那須川天心を知らない人から見れば「たいしたことない選手だったな」と評価を下げる結果となってしまったかもしれません。

那須川天心 メイウェザー 感想

「那須川天心はこんなものじゃないんです!」と声を大にして言いたいですが、ボクシング初戦のUFC王者コナー・マクレガーでもメイウェザー相手に10ラウンドまで持ちこたえたので、「1ラウンドTKO負け」という結果に世界の目は厳しいでしょうね。

あと、一つ心配なのが那須川天心がKO負けしたことで「打たれ弱くなる」こと。

なぜか格闘家は一度KO負けを喫すると打たれ弱くなり、負けが続くといった謎のジンクスがあります。

また、今回はエキシビジョンなので戦績にはつかないと言えども、リング上で倒されたことで「無敵」という幻想が無くなり、周りの選手を勢いづかせてしまったり、本人の気持ちの部分でもマイナスが大きいかもしれません。

(人類最強と言われた総合格闘家のエメリヤーエンコ・ヒョードルなんかも1度負けた後は続けて負けまくっていますから)

それと、試合が終わった後に解説の人たちが「体重差があったし仕方ない」とか「勇気が凄かった」といったコメントを残していましたが、(正論なんだけれども)それがとても悲しかった。

那須川天心が叩きのめされて一生懸命フォローされているという現実が泣けてきましたね。(涙)

那須川天心とメイウェザーの「試合展開」の詳細はこちら!
参考:那須川天心VSメイウェザーの試合結果や展開!ファイトマネーの噂も


今まで、日本の格闘技界においてファンを熱狂させるような名勝負は星の数ほどありましたが、「対戦すること自体に意味がある歴史に残る試合」は数えるほどしかありません。

今回の那須川天心VSメイウェザーは格闘技のジャンルを越えて何十年先も語り継がれる伝説の試合になったことでしょうね。

那須川天心にはメイウェザーに倒されはしましたが、この試合をプラスに変えて「より強い男」になってほしいと思います。

というわけで今回は世紀の一戦「那須川天心VSメイウェザー」についてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 皇治
  2. 亀海喜寛
  3. 山本美憂
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



4歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて