宮崎亮が減量失敗でボコボコに?元ヤンキー?ボクシングをやる訳も

この記事は2分で読めます

宮崎亮さんといえばWBA世界ミニマム級王者を獲得した経歴もある元プロボクサーですね。

現役時代は井岡ボクシングジムに所属していて、あの世界3階級制覇王者の井岡一翔さんと高校時代からの同期なんだとか。

宮崎亮 井岡一翔
(右側が宮崎亮さんで左側が井岡一翔さんですね。)

そんな宮崎亮さんですが、先日公務執行妨害で逮捕されてしまったとのニュースがあり話題を集めました。無免許運転がばれるのが怖くて、停止を求めてきた警察官の自転車に車を衝突させて逃げたそうですね。

ボクシングファンとしてはとても残念な事件でした。(悲)

そこで今回は宮崎亮さんの減量失敗でボコボコにされた話や、元ヤンキーの噂、さらにはボクシングを始めた理由についてまとめてみました。

宮崎亮のプロフィール!減量失敗でボコボコに?

【名前】宮崎 亮(みやざき りょう)
【誕生日】1988年8月20日
【出身】大阪府
【階級】ライトフライ級
【身長】155cm
【リーチ】158cm

以前は無敗記録を更新し続けていた宮崎亮さんですが、2013年12月31日にIBF世界ライトフライ級ノンタイトル戦として行われたファーラン・サックリン・ジュニア戦で減量を失敗してしまうという事件がありました。

宮崎亮 減量失敗

これマジ?っていうくらい生きてるオーラが感じられないですね。(怖)

なんと前日計量の際には自力で歩くこともできなかったほどなんだとか。(驚)

僕も人生で体調が悪い日もありましたが、ここまでヤバいのは経験がありませんね。

なぜ歩けないほど体調が悪かったのでしょうか?その理由としてこのような噂があります。

体重を無理やり減らすために「血を抜いた」から。(怖)

これを聞いた時、ゾッとしましたね。(汗)

結果は3ラウンド2分22秒でボコボコにされてのKO負けだったそうです。

勝利した相手自身も「勝てるとは思っていなかった」と言うほど宮崎亮さんが勝って当たり前と思われていた試合だったので、減量失敗が原因で初黒星を喫したのはとても残念だったと思います。

宮崎亮は元ヤンキー?

宮崎亮さんは昔ヤンキーだったそうです。それも半端ではないヤンキーなんだとか。(驚)

宮崎亮 ヤンキー

中学生時代から路上でのケンカが絶えずに、

鑑別所まで経験しているみたいです。

恐らく身長155cmという小柄な彼を見て、「勝てそう」と思った他のヤンキー達が喧嘩を売ったことにより「実は強い」宮崎亮さんがケンカを買うといった構図だったのではないでしょうか?

いくら勝てそうな相手でも、ケンカを売ると格闘技経験者だったなんてオチで大ケガをさせられるかもしれないので、平和主義が一番いいですね。

宮崎亮がボクシングをやった理由とは?

ヤンキーでケンカばかりしていた宮崎亮さんがボクシングを始めた理由とは一体どのようなものなのでしょうか?

宮崎亮 ボクシングを始めた理由

実はヤンキー時代のケンカのせいで鑑別所に入った際、

「母親の涙を見たから。」なんだとか。(泣)

母親を泣かせる生活なんてもうやめよう!と決心し、ボクシングに打ち込んでケンカとは決別したそうです。

彼が厳しい練習や辛い減量と戦ってきたのは「全てはお母さんのためだった」と聞き感動しちゃいました。

今回の公務執行妨害は残念な出来事でしたが、お母さんを悲しませないためにももう一度心を入れ替えて現職である「スポーツインストラクター」として頑張ってもらいたいですね。

というわけで今回は元ボクサーの宮崎亮さんについてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ゴロフキン
  2. ローマン・ゴンザレス
  3. 堀口恭司
  4. アッサンエンダム
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



3歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて