メイウェザーは那須川からなぜ一度逃げた?嘘つき&せこい性格の噂も

この記事は4分で読めます

2018年の大みそかにメイウェザーVS那須川天心という衝撃的なカードがRIZINのリングで行われるということで、格闘技ファンの誰もが試合のゴングを心待ちにしていることだと思います。

階級の違いやルールの違いはあるものの、ボクシング界の最高傑作である無敗のメイウェザーと、キックボクシング会の最高傑作である無敗の那須川天心が拳を交えるということは「日本の格闘技界にとって史上最高の出来事」と言っても過言ではありません。

メイウェザー 那須川天心 なぜ

現在も試合は行われるということで話はついていますが、一度メイウェザーは「やっぱり試合をしない」という「逃げ」とも考えられる発言をしてしまったのです。(驚)

そこで今回は、メイウェザーが一度「逃げた」理由や、嘘つき&せこい性格との噂についてまとめてみました。

メイウェザーは那須川天心から「なぜ」逃げた?

メイウェザーは那須川天心との試合が決まってから記者会見にまで出席して対戦を表明しているんです。

現在でこそ試合を行うということで話はつきましたが、一度は「契約していない」と言い出したり、「全世界に放送されるなんて聞いていないし、エキシビジョンじゃないと嫌だ」と条件面に難癖をつけたり・・・

こうしたメイウェザーの態度を見て格闘技ファンはさぞかし「がっかり」したことだと思います。

メイウェザー 那須川天心 なぜ

今回の試合を実現させたRIZIN側は「契約を締結している。」と公言していますし、メイウェザーも契約もしていない&出る気も無い試合の記者会見に出席するというのはおかしな話なので、RIZIN側の主張がおそらく正しいはずです。

では「なぜ」メイウェザーは一度この試合から「逃げた」形となってしまったのでしょうか?

【仮説①】本当に契約内容に問題があった

まぁ何も契約していなかったということは無いはずですが、言葉の壁の影響(通訳などのミス)によって本当に契約内容がメイウェザーが考えていたものと違った可能性もゼロではありません。

RIZIN側の主張
「スペシャル・チャレンジ・バウトで世界に試合動画を配信する」

メイウェザーの主張
「一部の富裕層の前だけで動画の配信は無く、短いエキシビジョンマッチを行う」

この部分ですよね。

ちなみに、スペシャル・チャレンジ・バウトという聞きなれない言葉は、結局のところ「非公式戦」を意味しているんだとか。(笑)

ちょっと回りくどい言い方なので、これが誤解の発端かもしれません。

ただ、誤解があったとしても、そもそもメイウェザーが公式戦や動画の配信を避ける理由に疑問が残ります。

そこで次の「仮説②」が生まれました。

【仮説②】那須川天心にガチでビビッてしまった

メイウェザーは那須川天心の試合動画を見ていくうちに、

「こいつ強すぎる。マジでやばいかも・・・。」

と思ったのかもしれません。

公式戦を行うと黒星がついてしまうリスクに怯えたり、階級が明らかに下のキックボクサーにパンチを当てられ善戦されるということで自らの「商品価値が下がる」と危惧した可能性が出てきます。

それであれば「公式試合は嫌。動画配信も嫌」という発言にもつじつまが合うので。

勝って当たり前という全世界のファンからのプレッシャーがメイウェザーを試合から遠ざけたのかもしれませんね。

メイウェザー 那須川天心 なぜ

【仮説③】ファイトマネーを上げる交渉がしたかった

最後の仮説として、ファイトマネーに関係する説を持ってきました。

RIZIN側が提示している額は相当な金額だとは思いますが、頭の賢いメイウェザーは「試合をしない」と言い出すことで、さらなるファイトマネーの上乗せに期待した可能性も考えられます。

しかもメイウェザーという「世界一稼ぐスポーツマン」の周りには、お金に関する数々のエキスパートがついているはず。

「〇〇すればもっと稼げるから、〇〇すべきだ!」という声が飛び交っていることでしょう。

実際メイウェザーは「お金好き」を公言しており、しかもボクサーとしての名誉は完全に手にしているので、キックボクサーの那須川天心と戦うメリットはお金以外にありえないと思います。

なんにせよ「試合をやる・やらない」の意見をコロコロ変えるのは対戦相手の那須川天心に対しても、世界中のファンに対しても失礼なことなので、戦うからには誰もが納得するようなプロの戦いを見せてほしいですね。

メイウェザーの「嘘つき」&「せこい」性格の噂も!

まぁ今回の那須川戦だけでなく、メイウェザーはかねてより

「嘘つき」&「せこい」

性格として知られていました。

例えば、「引退する」との発言。

過去に何度も「これで引退だ。もうリングで戦うことは絶対にない。」と言って、幾度となく復帰してきました。(笑)

一度くらいの引退撤回であればまだ分かりますが、何度も何度も何度も何度も・・・となると意図的に嘘をついているように受け取られても仕方がありません。

メイウェザー 嘘つき せこい

また、過去に対戦し勝利したメキシコの英雄「サウル・アルバレス」に対して、(その後アルバレスVSゴロフキンの試合が決まった際)「アルバレスは強い。ゴロフキンをKOするだけのトップの実力がある。本物のボクサーだ。」といったコメントを残していたにもかかわらず・・・

いざサウル・アルバレスが「メイウェザーよ、再戦しよう」と持ち掛けると、

メイウェザーは「アルバレスよ。お前は俺のキャリアの中で一番楽な相手だった。」

と言い放ち「やる価値が無い」と対戦を拒否。(笑)

お前の言葉に一貫性というものはないのか・・・とツッコミたくなるような発言を残しています。

それだけではなく、総合格闘技イベントのUFCにも参戦し、宿敵コナー・マクレガーとの再戦を公言していたにもかかわらず・・・

「やっぱりやらない」

と言って対戦拒否。じゃあ最初からやるって言うなよと誰もが思ったことだと思います。

しかも嘘つき発言から話が大きくなり、取材などでもしっかりお金を稼いでいたメイウェザー。「せこい」です。(笑)

こうした経緯があることから、格闘技関係者の間では「メイウェザーの発言を信じてはいけない」とまで言われているんだとか。

彼の「嘘つき」&「せこい」性格には本当に困りますが、ネームバリューがあるだけにどうしても振り回されてしまうんですね。

メイウェザーVS那須川天心の驚愕ファイトマネーの噂がヤバすぎる!
参考:那須川天心VSメイウェザーの試合結果や展開予想!ファイトマネーの噂も


メイウェザーは確かに問題発言や周りを混乱させる行動を取ってきてはいますが、強さと実績は本物。だからこそ誰かが「リングの上で」彼を黙らせないといけないわけですよ。

彼があと何試合行うかは分かりませんが、那須川天心がメイウェザーを黙らせる第一人者になれたら最高だと思います。奇跡を信じて試合を心待ちにしたいですね。

というわけで今回は最強ボクサーのメイウェザーについてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 拳四朗
  2. 宮崎亮
  3. 格闘代理戦争 前田浩平
  4. 那須川天心 武尊 ランキング
  5. 比嘉大吾
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



4歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて