リナレスVSロマチェンコの結果速報!試合展開は?コメントや感想も

この記事は3分で読めます

2018年のボクシング界において、最も注目を集めた試合といっても過言ではないビッグマッチが、ホルヘ・リナレスVSワシル・ロマチェンコの試合ですね。

リナレスはWBA世界ライト級のチャンピオンで、ロマチェンコはWBO世界スーパーフェザー級のチャンピオンという王者同士の激突ということで、試合前から激しい熱戦になることが予想されていました。

リナレス ロマチェンコ

世界中の人々が待ち望んだこの試合は、5月12日(日本時間5月13日)にアメリカのマディソン・スクエア・ガーデンで開催されたとのこと。

そこで今回は、リナレスVSロマチェンコの結果速報や、試合の展開、さらにコメントや感想についてもまとめてみました。

リナレスVSロマチェンコの結果速報!

この二人の対決ですが、戦前からロマチェンコ有利の声が多く、僕自身も同じ考えを持っていました。

しかし、リナレスと同じジムメイトである村田諒太さんなどは「リナレスが右で倒す可能性も十分にある」と発言するなど、両者に圧倒的な差はなく、お互いに一歩も譲らない長期戦を予感させるものでした。

リナレス ロマチェンコ 結果速報

まぁ現在は試合が終わっていますので、結論から言いますと・・・

ロマチェンコの10ラウンドKO勝ちに終わりました。

リナレスは10カウントで立ち上がることができなかったようですね。(心が折られたのかも・・・)

試合展開については以下に記述していきます。

ロマチェンコVSゴロフキンがもしも実現したらについてはこちら!
参考:ロマチェンコの練習が異次元!実は右利き?最強ゴロフキンに負ける?


リナレスVSロマチェンコの試合展開は?

試合は序盤から積極的なロマチェンコが手数も多く、いつもの試合以上にガンガン前に出ている印象でした。

1~2ラウンドを見ても、序盤でのKOを狙っているのかと思うほどアグレッシブな打ち合いが続き、お互い意地と意地のぶつかり合いという感じ。

ロマチェンコの方がやや回転力があったような気がします。

3~5ラウンドもロマチェンコは手を緩めず、リナレスが気合でパンチを当て返すという展開。

一撃の破壊力ではリナレスが目立ちますが、涼しい顔でパンチを繰り出すロマチェンコが精神的にも見た目的にも余裕を感じさせます。

6ラウンドもロマチェンコが優勢かな?と思いきや、ラウンド終盤にリナレスの渾身のカウンターパンチがロマチェンコの顔面をとらえ、ロマチェンコがまさかのダウン。

7ラウンド以降もロマチェンコはダメージを感じさせず、勢いづいたコンビネーションを繰り出します。

リナレスも「一度ダウンをとっている」というアドバンテージからガンガン打ち合いに応じ、KOを予感させるようなハードパンチを連続して繰り出し、鬼気迫る印象。

8ラウンドは変わらずロマチェンコ優勢の印象ですが、9ラウンドはロマチェンコがぺーずダウンしリナレスが巻き返してきます。

リナレス ロマチェンコ 展開

個人的にはこの段階で「ポイントはロマチェンコかな」と思っていましたが、以外にも

9回終了時点でジャッジが3者3用の採点を見せ、差が付かない状況に。(驚)

85-85(ドロー)・86-84(リナレス)・84-86(ロマチェンコ)

10ラウンド開始時点で、すでに顔が腫れて目が痛々しいリナレス。

ロマチェンコの軽快な右ジャブからラウンドはスタート。

しかし、リナレスはラウンド開始から左の連打から右を放ち、左ボディ、ワンツー、右ストレート、左フックと怒涛のラッシュを仕掛けていきます。

(普通の人ならこのラッシュで戦意喪失しますね)

リナレス ロマチェンコ 展開

ただ、天才ロマチェンコは冷静にディフェンスし、ワンツーや左アッパーで反撃し、リナレスをコーナーに追い詰める。

ロマチェンコのジャブにリナレスが左を合わせたり、ボディへ強烈な左右のパンチを叩き込んだりと踏ん張ります。

お互いに10ラウンドとは思えないほどの手数が出て打ち合いになりますが、正確にヒットさせているのはロマチェンコといった印象。

特にロマチェンコの右ジャブがよく当たっています。

リナレスが強烈な右ストレートを放ちますが、ロマチェンコはブロックし、逆に強烈なボディストレートを返され、右ジャブもアゴにヒット。

リナレスも負けじとワンツーや強烈な右フックを返し、ロマチェンコが冷静にいなして右ジャブで反撃。

お互い前に出る気持ちは互角な印象ですが、どことなく必死なリナレスに対し、余裕を漂わせるロマチェンコ。

ロマチェンコが左アッパー、右ストレート、左ストレート、右フック、右アッパー、

左ボディ、左ストレートという無慈悲な攻撃を繰り出し、リナレスがたまらずダウン。

カウント内に立ち上がることができずに、試合はストップ。

(途中の左ボディが実質のフィニッシュブローだったようです)

リナレスVSロマチェンコのコメントや感想も!

【試合後のロマチェンコのコメントは以下の通り。】

「狙っていた一発を当てることができた。リナレスは素晴らしいチャンピオンで、私にとって新しいレッスンとなり、感謝している。」

【試合後のリナレスのコメントは以下の通り。】

「コンディションは非常に良かった。パンチも気持ちよく打てていた。」

「ただ、ロマチェンコは非常にバランスが良くてスピードも速く、序盤からやりづらさを感じた。」

「6ラウンド以降は相手の動きが読めるようになり、チャンスだと思ったが残念だ。」

「最後の左ボディはめちゃくちゃ効いた」

ロマチェンコ リナレス コメント

リナレスのコメントにもある通り、KOされた10ラウンドにおいてもめちゃくちゃパンチはキレていたし、スピードもスタミナも申し分なかった印象を受けました。

まぁロマチェンコの右ジャブをコツコツもらっていたので、形勢はリナレスが押されている感じはありましたが、左ボディがあまりにも強烈だったということでしょう。

ただ、リナレスも6ラウンドに天才ロマチェンコにカウンターを合わせ、ダウンを奪うなど大健闘したので、ちょっと再戦も観たみたいなと思わせてくれる内容でした。

常識、ロマチェンコがもっと圧倒するかなと思ってましたが、最後の最後まで「どっちが勝つんだ?」とハラハラさせてくれる激闘に、期待以上の興奮を味わったファンも多いのではないでしょうか?

ロマチェンコは井上尚弥よりも強いのかについてはこちら!
参考:ロマチェンコは井上尚弥より強い?ゴロフキンVSカネロのコメントも


負けたリナレスからは「リベンジしたい」との発言もあるようで、またこの二人の対戦が実現したら面白いですね。

ただ、ロマチェンコはさらなる高みを目指して階級を上げ、パッキャオのような複数階級制覇を目指すかもしれません。

天才ロマチェンコを止める選手は一体誰なのか、今後も彼から目が離せないですね。

というわけで今回はリナレスVSロマチェンコの世紀の一戦についてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 井上尚弥 ジェイミー・マクドネル
  2. 比嘉大吾
  3. ロマチェンコ
  4. 那須川天心 大雅
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



4歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて