井上尚弥がロマゴンKOのシーサケットと対戦?井岡一翔戦や弟の噂も

この記事は3分で読めます

井上尚弥さんといえば日本ボクシング史上最短の8戦目で世界2階級制覇を達成したプロボクサーですね。

井上尚弥さんのプロフィールや強さの秘密については参考記事をご覧ください。

参考:井上尚弥はなぜ強い?練習メニューは?体力測定結果や変な癖について

井上尚弥

2017年9月9日に行われたWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチでは念願のアメリカデビューを果たし、挑戦者のアントニオ・ニエベスを6ラウンド終了とともにTKOで葬り去るという完璧な結果を残しました。ボクシングの本場アメリカでは、井上尚弥さんはフィリピンの英雄「マニー・パッキャオ」のような存在として注目されています。

参考:パッキャオ無名に敗戦!まさかの引退?訴訟問題や日本人との対戦も!

今回は井上尚弥さんとシーサケットの対戦や井岡一翔との対戦、さらには弟についての噂もまとめてみました。

井上尚弥とロマゴンKOのシーサケットとの対戦は?

井上尚弥さんのTKOアメリカデビュー以上に衝撃だった出来事が2017年9月10日に起こりました。

井上尚弥さんが対戦を意識していた4階級制覇チャンピオン「ローマン・ゴンザレス」がタイのシーサケット・ソー・ルンヴィサイに 4ラウンドKO負け を喫してしまったのです。

井上尚弥 ロマゴン

ローマン・ゴンザレスはシーサケット・ソールンヴィサイと2017年3月にも対戦し、疑惑の判定で敗れましたが「ダイレクトリマッチ」を行うことでリベンジはほぼ確実だと思われていました。

参考:ローマン・ゴンザレス敗戦!井岡は逃げた?強さや井上尚弥との対戦は?

しかし、4ラウンドにローマン・ゴンザレスが放った右ストレートに対し、相手のカウンターの右フックが直撃しリング上に崩れ去り身動きが取れないほどの完璧なKO負けを味わうこととなったのです。

こうなってくると井上尚弥さんにとって、ローマン・ゴンザレスは「対戦するメリットのない相手」となり、むしろチャンピオンであるシーサケット・ソー・ルンヴィサイに照準を定める方が自然だと思います。

シーサケット・ソー・ルンヴィサイ

井上尚弥さんとシーサケットが対戦することになれば、どちらが勝つ可能性が高いのでしょうか?

シーサケットは勝利した試合の90%がKOであるという「とてつもないハードパンチャー」で体力もあり、細かいテクニックというよりは体の強さを活かしてガンガン前に出てくる選手ですね。

さらにサウスポーということもあり、井上尚弥さんにとってもやりにくい相手であることは間違いないと思います。

しかし、勝敗を予想するとなれば井上尚弥さんの勝利はほぼ間違いないです。

井上尚弥

井上尚弥さんのボクシングは「打たせないで打つ」ことを実践していて、パワー系のシーサケットのパンチはことごとく空を切るでしょうね。

が、しかし!

ローマン・ゴンザレスも戦前は有利と見られていた中での2連敗だったので、井上尚弥さんも油断は絶対にできません。

しかもシーサケットはパウンドフォーパウンド1位を獲得したローマン・ゴンザレスのカウンターをもらってもケロッとしていて、「誰とやっても怖くない」と公言するほどハートが強いため、井上尚弥さんを相手にしても全く臆することはないと思います。

つまり、井上尚弥さんが油断せずに全力で挑めば勝てると思いますが、「アメリカでかっこいいところを見せてやろう。」と派手なKOを狙いに雑な部分が出てしまえばカウンターで返り討ちにあうという展開も十分あり得ます。

もし対戦が決まれば、ライバルと言われたローマン・ゴンザレスの仇をぜひ討ってほしいですね。

井上尚弥と井岡一翔との対戦は?

井上尚弥さんと近い階級での日本人チャンピオンといえば現WBA世界フライ級王者「井岡一翔さん」です。

以前からこの2人はどちらが強いのか?と世間で注目されていました。

井岡一翔

どちらもプロデビュー前から話題を集めていたエリートで、打たせないボクシングスタイルを駆使して複数階級の世界王者になるなど共通点が多いです。

もし、対戦することになればKO決着ではなく判定決着になるのでは?と僕は予想しています。

両者ともディフェンスの技術が高すぎるので、どうしてもKOが生まれるイメージができないからです。

と、ここまでの話だと「実力的に2人はほぼ互角なんだね。」と思われてしまいそうですが・・・

僕は井上尚弥さんが必ず勝つと確信しています。

井上尚弥

なぜなら、井上尚弥さんは「強い相手としか戦わない。負けてもいいから強い選手とやりたい。」と言うほど相手が強いことに対してこだわりを持ちますが、井岡一翔さんは「対戦することが決まっていたローマン・ゴンザレスに対してもお金を払って対戦を回避した。」と言われるほど強い相手を避けて戦績に傷をつけないスタイルで試合を組んできたからです。

細かい技術の差ではなく、この「ボクシングへの考え方の違い」がリング上ではっきりと見える試合になるのではないでしょうか?

ただ、井上尚弥さんは現在のスーパーフライ級でも減量がきつくなってきているようですので、早い段階で井岡一翔さんが対戦に前向きにならない限りは結局実現しないカードだと思います。

井上尚弥の弟の噂も!

実は井上尚弥さんには井上拓真(いのうえたくま)さんという弟がいて、この弟もめちゃくちゃ強いというから驚きです。

戦績も9戦全勝という完璧な実績で、さらに5戦目で東洋太平洋スーパーフライ級王座を獲得するなど勢いは兄の尚弥さんと変わりませんね。

井上拓真

驚くことに幼稚園の頃からボクシングに取り組み、怪物と呼ばれるお兄さんと同じ練習メニューをこなしてきたというから強いのは当然ですね。

なんと、しっかりとガードしている相手に対しパンチを打ち込み、骨折に追い込んだこともあるほどハードパンチャーなんだとか。

兄の井上尚弥さんのコメントでも、

「拓真とスパーリングをするときには、いつもより気を付けないと倒されてしまう。それほどパンチの力がヤバイ。」

という情報が飛び出すほど本当にヤバい選手みたいです。(驚)

しかも気持ちの部分では「井上尚弥さん以上」との評価もあるそうで、もしかすると数年後にはお兄さんと立場が逆転してるかもしれませんね。

井上尚弥さんは強い弟と切磋琢磨しながら日々のハードトレーニングを積み、今後アメリカという大舞台で日本人史上最高の結果と名声を獲得してくれることを信じています。これからも圧倒的な強さでKOの山を築いていってほしいですね。

というわけで今回は最強ボクサーの井上尚弥さんについてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 亀海喜寛
  2. 大和心
  3. ゴロフキン
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



3歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて