日菜太まさかのピケオーに敗戦!過去のエピソードや年収について

この記事は2分で読めます

日菜太選手といえば「K-1」や「RISE」の70kg級で活躍するキックボクサーですね。

あまり知名度はないのかもしれませんが、現在 日本の70kg級の中では「最強」のキックボクサーです。

ここ数年は昔ほど格闘技界が盛り上がっていない印象ですが、新生K-1も設立されて以前の格闘技ブームを復活させつつあるように思います。

そこで今回は、日本人最強の日菜太選手に注目し、日菜太選手のK-1スーパーウェルター級トーナメントへの挑戦についてや、過去のエピソードと年収についてもまとめてみました。

日菜太のプロフィール!強みや得意技は?

【名前】渡辺 日菜太
【通称】湘南の太陽
【誕生日】1986年8月26日
【出身地】神奈川県
【身長】181cm
【体重】70kg

日菜太選手の強みは「無尽蔵のスタミナ」で、得意技は「左ミドルキック」です。

強烈な左ミドルキックがまるでパンチのラッシュのように止まることなく繰り出されて、 相手が気の毒に感じてきます。(ほんとにしつこく蹴ります。笑)

日菜太選手のモットーとしては、相手のお腹にダメージを与える蹴りではなく、「防御した相手の腕を壊す」蹴りを意識しているのだとか。

日菜太がまさかの1回戦でジョーダン・ピケオーに敗戦!!

日菜太選手は2017年6月18日に行われた「K-1スーパーウェルター級王座決定トーナメント」に優勝候補として出場しましたが、 まさかの1回戦でジョーダン・ピケオーに敗れてしまいました。

まぁ相手のピケオーもかなり強い選手なのですが、試合全体の流れとしては互角か(ダメージを考えると)日菜太選手のペースだったように思います。

日菜太選手は3Rに左のローキックを連発し、相手が明らかに嫌がっていたのにも関わらず、一瞬の隙をつかれ顔面にヒザ蹴りをもらってダウンしました。

(それが影響して判定負けです。)

日菜太選手を応援していた僕としてはかなりショックでした・・・。本当に惜しかった。でも次は勝ってくれると信じています!

日菜太の過去のエピソードとは?気になる年収についても

気持ちの強い日菜太選手ですが、実は過去に一度「心を折られた経験」があるそうです。

2007年12月のRISEのトーナメントで龍二選手と対戦した際に、試合中に心が折れてしまいKO負けになったとのこと。

控室で日菜太選手は 「僕はあきらめた。心が折れた。」と言いながら号泣したようです。

しかし、2008年7月には再度龍二選手と拳を交え、見事にリベンジを達成してます。

また、2010年には日菜太が目標としていたアルトゥール・キシェンコと対戦が決定し、試合前日は怖くて怖くて仕方がなかったそうですが、3Rに三日月蹴りをキシェンコの脇腹にヒットさせて大番狂わせのKO勝ちをおさめました。

その際も日菜太は涙を流したそうです。

負けて泣き、勝って泣きとすごく人間味あふれるファイターだなぁと思います。

一度「心が折られた経験」をきっかけに、血のにじむ努力を繰り返し、「決して心が折れないファイター」として這い上がっていったということでしょうね。

これだけ活躍している日菜選手の年収も気になるところですが、調べてみるとファイトマネーやスポンサー料及び後援会等の収入で 1000万円ほどみたいです。

キックボクサーはお金にならないイメージでしたが、結構稼いでいるんですね。

(僕も年収1000万円あればなぁ・・・。)

これからも日菜太選手は不屈の精神で左ミドルを蹴りまくってほしいですね!ほんと観ていて気持ちいイイので。(笑)

ということで今回はキックボクサーの日菜太選手についてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. コナー・マクレガー
  2. 高山善廣
  3. 亀田興毅
  4. 田口良一
  5. 拳四朗
  6. 山中慎介
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

名前:いろペル(♂)



3歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて