比嘉大吾は井岡より強い?ファイトマネーは?井上兄弟との因縁も

この記事は3分で読めます

比嘉大吾さんといえば沖縄県出身で現WBC世界フライ級王者のプロボクサーですね。

あの伝説のボクサー具志堅用高さんの愛弟子として注目を集め、戦績はまさかの13戦13勝13KO無敗という軽量級ではありえないKO率を誇ります。漫画で言えば「はじめの一歩」の主人公、幕之内一歩のような存在です。

比嘉大吾

2017年10月22日には東京の両国国技館で初防衛戦を予定していて、同級6位でフランスのトマ・マソンと対戦します。この試合においても比嘉大吾さんは「挑戦者の気持ちでKO勝ちする!」と頼もしい発言を残すなど、KO必至の試合になるのではないでしょうか。

そこで今回は比嘉大吾さんと井岡一翔さんの強さの比較や、ファイトマネーについて、さらには井上尚弥さん兄弟との因縁もまとめてみました。

比嘉大吾のプロフィール!井岡一翔より強い?

【名前】比嘉 大吾(ひが だいご)
【階級】フライ級
【身長】160.5cm
【リーチ】165.0cm
【誕生日】1995年8月9日
【出身】沖縄県

比嘉大吾 プロフィール

WBC世界フライ級王者としてベルトを保持する比嘉大吾さんですが、じつは同じフライ級にもう一人日本人世界王者がいるのをご存知でしょうか?

その人物とは、WBA世界フライ級王者の井岡一翔さんです。

井岡一翔

実は比嘉大吾さん、井岡一翔さんとの統一戦を希望しているんだとか。

「自分が一番強いことを証明したい。」という熱い想いから強い相手と戦いたいようです。

確かに同じ階級に何人もチャンピオンがいるなんて変な気がしますよね。実際に戦って本当のナンバー1を決めるというのがボクサーとしての純粋な気持ちだと思います。

が、しかし!

井岡一翔さんサイドが前向きな姿勢を示さないという構図になっているようです。具志堅用高さんも「井岡一翔君は逃げているのかな?」と挑発してしまうほど統一戦には否定的なようですね。

ジム同士やスポンサーの問題など、色々な問題があって試合が実現しないだけかもしれませんが、井岡一翔さんは過去に試合が予定されていたローマン・ゴンザレス戦に対し理由をつけて回避したり、井上尚弥さんとも結局試合をしなかったりと「逃げる」イメージが強いので、比嘉大吾さんのラブコールを受けなければ「また逃げた」と世間から思われてしまうのは仕方ないかもしれません。(井岡一翔さん、ぜひ試合を実現させてください。)

ただ、僕は井岡一翔さんの方がボクサーとしての総合力は上だと思っています。

もし、二人の試合が実現すれば比嘉大吾さんは「パンチ力、手数、前に出る勢い」を武器に戦い、井岡一翔さんは「ディフェンス、カウンター、ポイント狙い」で相手を空回りさせるのではないでしょうか。

僕の予想としてはキャリアで勝る井岡一翔さんが僅差で判定勝ちすると思います。ただ、井岡一翔さんからすれば「KO率100%の相手とはリスクがあるから戦わない」というのが本音なので、強い相手とやりたい比嘉大吾さんと、強い相手を避けたい井岡一翔さんは将来的に実力は逆転するという考えが一番現実的ですね。

比嘉大吾のファイトマネーは?

念願の世界王者になった比嘉大吾さんですが、ファイトマネーは一体どれほどのものなのでしょうか?

比嘉大吾 ファイトマネー

はっきりとした金額は公表されていませんが、世界王者クラスになると最低でも一試合1000万円は貰っているのが現実だと思います。

ただ、比嘉大吾さんの次戦はゴールデンタイムでテレビ放送されますね。そう、ミドル級の村田諒太さん世界戦リベンジマッチとセットで試合を組まれているんです。

村田諒太さんの前回の試合は疑惑の判定ともささやかれ、負けた相手(アッサン・エンダム)とのダイレクトリマッチが実現したため、今回のテレビ放送の注目度は半端ではないと推測されます。つまり、視聴率が取れる!大金が動く!ファイトマネーも通常より金額が期待できる!という流れになるでしょうね。

村田諒太さんはリベンジマッチに失敗したら引退するのか?
参考:村田諒太がエンダムと再戦!次戦に負けたら引退?試合の結果予想も
参考:エンダムが村田と再戦!また八百長判定?ゴロフキンと強さ比較も


まぁ村田さんの話はこれくらいにして、気になる比嘉大吾さんのファイトマネーは少なくとも 2000~3000万円 はいきそうですね。

しかも具志堅用高さんの影響もあって比嘉大吾さんはテレビにもちょくちょく出ているようなので、このまま防衛を続ければ「億超え」も可能かもしれません。これからプロボクサーを目指す世代の人に、ボクシングはこれだけ稼げるということを証明してあげてほしいですね。

比嘉大吾と井上兄弟との因縁とは?

実は比嘉大吾さん、パウンドフォーパウンド(階級の壁を考慮しない強さランキング)でトップ10入りした井上尚弥さんと、その弟の井上拓真さんの二人に因縁があるんだとか。

井上尚弥 兄弟

実は比嘉大吾さん、高校時代に3年間ボクシングに打ち込み、朝晩地獄の練習メニューを繰り返し、スパーリングでボコボコにされて涙を流しながらも必死に練習していた努力家なんだそうです。

それだけ本気で打ち込めば、高校のタイトルを取るレベルだったのでは?と思いますが・・・。

同世代の井上拓真さんが強すぎてチャンピオンになることはできなかったそうです。(あと世界2階級制覇の田中恒成もいたんだとか。)

運が悪いですね。(笑)

その後プロになった比嘉大吾さんですが、井上尚弥さんとスパーリングをする機会があったんだとか。

高校時代に井上拓真さんに劣等感を抱いていた比嘉大吾さんは、兄である井上尚弥さんに対して勝利することで間接的にリベンジを果たせる良い機会だったのですが・・・。

普通に井上尚弥さん優勢でスパーリングが終わってしまいました。(悲)

井上兄弟は比嘉大吾さんに対して全く因縁は無いと思いますが、比嘉大吾さんからすれば「いつか絶対この2人を超えてやる!」とバリバリ因縁を感じていることだと思われます。

井上兄弟も現在全勝中ですが、KO率は比嘉大吾さんが勝っているので、いつの日かプロのリングの上で直接対決を実現させ「勝利という形」で因縁に決着をつけてほしいですね。

比嘉大吾さんは、かつて日本を熱狂の渦に巻き込んだ具志堅用高さんの愛弟子なので、具志堅2世として再び日本のボクシング界を熱狂させてほしいと思います。

というわけで今回はボクシング世界王者の比嘉大吾さんについてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ヒョードル
  2. 宮崎亮
  3. 久保隼
  4. 久保優太
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



3歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて