菅田将暉のモテ伝説!母への贈り物とは?趣味や女性のタイプも!

この記事は2分で読めます

菅田将暉さんといえば、2008年に行われた第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストへの出場をきっかけに現在の事務所「トップコート」に所属した俳優さんですね。

2009年には仮面ライダーシリーズ最年少で主演を務めたり、2013年には主演映画の「共喰い」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど大活躍されています。

なんと、2016年のオリコン調査では「2016年度のブレイク俳優1位」に選ばれたそうで、現在最も注目されている俳優です。

今回はそんな菅田将暉さんのモテ伝説や、母への贈り物、さらに趣味や女性のタイプについてもまとめてみました。

菅田将暉のプロフィール!モテ伝説とは?

【名前】菅田 将暉(すだ まさき)
【本名】菅生 大将(すごう たいしょう)
【誕生日】1993年2月21日
【出身】大阪府
【身長】176cm
【血液型】A型
【事務所】トップコート

菅田将暉 プロフィール

大人気俳優の菅田将暉さんであれば、デビュー前もさぞかしモテたことだと思います。

なんと高校時代には廊下に女子の人だかりができていて、菅田さんを見に来ていたそうです。

驚くことに女性の先生まで菅田さんを見に来ていたんだとか。(笑)

しかも昼休みに教室で寝ていたら、菅田さんをカメラで撮影している女子がたくさんいて、シャッター音で起こされていたみたいです。

ここまでモテるっていうのは俳優さんの中でも珍しいんじゃないでしょうか?

でも、連絡先の交換は「すべて断っていた」というから硬派な感じですね。僕がその立場だったら連絡先交換しまくりますけど・・・。

菅田将暉が母へ贈った物とは?

菅田将暉さんは1人暮らしをして、掃除や洗濯、料理やゴミ捨てなどを自分で行ったことで「お母さんの大変さ」に気が付いたそうです。

「かぁちゃんは全知全能の神」

というほどお母さんにありがたみを感じたんだとか。

菅田将暉 母への贈り物

そんな菅田さんは母の日に、「ある贈り物」お母さんにプレゼントしました。

それは、感謝の気持ちを伝える自身の動画だったそうです。

お母さんに「ありがとう」の気持ちを動画で伝えるのって照れくさくてなかなかできないですよね?それを菅田さんは実践し、お母さんはすごく喜んだみたいです。(僕も将来娘から感謝の動画が送られてきたら泣きますね。)

ただ、この動画をプレゼントするというアイデア、

菅田さんの弟からパクったんだとか。笑

みなさんもこのアイデアをパクってお母さんに感謝の気持ちを伝えましょうね!

菅田将暉の趣味や女性のタイプも!

菅田将暉さんは超多忙なスケジュールの中、少しの自由な時間を使って「あること」をするのが趣味なんだとか。

その 「あること」とは・・・・

服を作ること!(驚)

仕事が終わってからミシンを動かすのが楽しくて仕方ないそうです。

午前3時までかかって知人にプレゼントするシャツを作ったこともあるんだとか。服作りの専門家と友人になったことがきっかけで教えてもらったそうな。

菅田さんが作った服ならぜひ一度着てみたいですよね。

菅田将暉 女性のタイプ

全国の女性が気になることといえば、菅田さんの女性のタイプではないでしょうか?

そんな菅田さんのタイプはズバリ!

「サバサバしていて、アホなことを一緒にできて、落ち着ける人」

容姿としては鼻が高くて横顔が恐竜みたいな人が理想らしいです。(笑)

クレオパトラがタイプなんだとか。

いや、クレオパトラ見たことないでしょ?ってツッコミたくもなりますが。(笑)

表参道を歩いているような人に菅田さんのタイプの女性が多いみたいです。

女性の人たちは鼻を高くして参道を毎日歩いていれば菅田さんから声がかかるかもしれませんよ。

菅田将暉さんは男の僕からみても、カッコよくて、かつ可愛い感じがしますね。まだまだ長年に渡って活躍される俳優さんだと思いますので、これからも様々な作品に出演してファンを楽しませてほしいです。

というわけで今回は人気俳優の菅田将暉さんについてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 岡田紗佳
  2. 福士蒼汰
  3. 俳優イケメンランキング
  4. 永野芽郁
  5. 本田翼
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



3歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて