明石家さんまの飛行機事故とは?IMALUの名前の由来や名言について

この記事は3分で読めます

明石家さんまさんといえば「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」が誇る国民的お笑いスターですね。

「踊る!さんま御殿!!」「ホンマでっか!?TV」「痛快!明石家電視台」「さんまのお笑い向上委員会」といった数々のレギュラー番組で司会を務め、1999年には「日本で最も露出の多いテレビスター」としてギネス世界記録にも認定されたんだとか。(驚)

明石家さんま

なんと、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんですら、「吉本興業で気を遣うのは、さんまさんくらい。」と言うほど一目を置いているそうです。(松本さんの先輩は他にもたくさんいるのに、明石家さんまさんだけ名指しなのでよっぽどすごい人なんでしょうね。)

参考:松本人志の車がすごい!筋トレしている理由は?年収の噂や名言集も!

そこで今回は、明石家さんまさんの飛行機事故の話や、娘の「IMALU」さんの名前の由来、さらに名言についてもまとめてみました。

明石家さんまの飛行機事故とは?

【芸名】明石家さんま(あかしや さんま)
【本名】杉本 高文(すぎもと たかふみ)
【誕生日】1955年7月1日
【出身】奈良県
【血液型】B型
【身長】172cm
【デビュー】1974年

明石家さんま

皆さんは1985年8月12日に起きた「日本航空JAL123便墜落事故」をご存知でしょうか?

これは単独事故としては世界で最も犠牲者の数を出してしまった航空機墜落事故で、520名もの尊い命が失われたそうです。

なんと明石家さんまさんは、この飛行機に乗る予定だったのにも関わらず、仕事の収録が早く終わったため一便早い飛行機に振り替えたんだとか。

明石家さんま 飛行機事故

墜落する飛行機に「急遽乗らない」なんてめちゃくちゃ強運の持ち主ですね。

ただ、この墜落事故をきっかけに飛行機を避けるようになり、可能な限り新幹線などで移動するようにしているんだとか。

もしもその飛行機に乗っていたら・・・お笑い界に明石家さんまさんがいないなんて全く想像できませんよね。亡くなった人たちの遺族の方々に少しでも元気を取り戻してもらえるよう、これからも明石家さんまさんの「笑い」を日本中に届けてほしいと思います。

明石家さんまの娘「IMALU」の名前の由来は?

明石家さんまさんの娘さんといえば、モデルやタレントとして活躍するIMALUさんですね。

この「いまる」という名前は本名なんだとか。

ちょっと違和感ありませんか?「IMALU(いまる)」って普段聞かない名前なので・・・。何か人と違うカッコいい響きの名前を適当につけたのかなぁなんて思っていましたが・・・・

IMALU

実はIMALUさんの名前の由来が明確にあったそうなんです!

先ほどお話しした「飛行機事故」で奇跡的に事故を回避できた明石家さんまさんは、命が助かったことから「生きているだけで丸もうけ」と考えるようになったんだとか。

「生きているだけで丸儲け」➡「きているだけでまるもうけ」➡ いまる

といった流れで、この言葉の一部を抜粋して「いまる」という名前が誕生したんだとか。

もしも明石家さんまさんが飛行機に乗っていたら「IMALUさん」はこの世にいなかったので、生きていたからこそできた最愛の娘という意味で名付けた素晴らしい名前なんですね。

僕なんて親に名前の由来を聞いても「特になし」と言われるので、こういった思い入れのある名前は憧れちゃいます。(笑)

明石家さんまの名言について!

明石家さんまさんはいくつも心に響く名言を残しているんです。

その中で特に素晴らしいと感じた名言をご紹介しますね。

やろうとすれば出来んねん、人間みたいなもんは。

これはめちゃくちゃ共感できる言葉です。やる前から「できないんじゃないか?」なんて考えて行動しなかったら人生もったいない!「できる・できない」以前に「やる!」って決めてから一生懸命物事に取り組めば「できる」ようになるんですね、人間は。


笑顔になるから、楽しい出来事が起こるようになる。

ミスターチルドレンのPADDLEという曲の歌詞にも同じフレーズが出てきましたね。「良い事があってこその笑顔じゃなくて笑顔でいりゃ良い事あると思えたらそれが良い事の序章です。」いつも笑顔でいたら良い事や楽しい事が起こるんですから、毎日笑って暮らしたいと思います!

参考:桜井和寿の姉がすごい!子供の数は?引退後の夢や驚きの作曲方法も

明石家さんま 名言

出川は一流や!

明石家さんまさんが司会の「恋のから騒ぎ」で、出演していた女性が「出川(哲朗)は二流!」と言った際に出た言葉ですね。出川さんはこの発言を知り感動して涙したんだとか。後輩をしっかりと評価するところが明石家さんまさんの魅力だと思います。


明石家さんま 名言

俺は幸せな人を感動させたいんやなくて、泣いてる人を笑わせて幸せにしたいんや。これが俺の笑いの哲学や。

泣いている人を笑わせたい!これ以上ステキな仕事の取り組み方があるでしょうか?僕も落ち込んでいる時に、テレビで明石家さんまさんの話を聞いていると自然と元気になっちゃいますから。笑いだけに限らず「泣いている人・落ち込んでいる人」を見かけたら元気づけてあげられる人間になりたいですね。


明石家さんま 名言

人間生まれてきた時は裸。 死ぬ時にパンツ一つはいてたら勝ちやないか。

パンツを一枚はく。たったそれだけのことを「幸せ」と感じられる明石家さんまさんのように、見過ごしがちな小さな喜びに意識を向ければ、本当に人生幸せに満ち溢れていると思います。不満ばかりを考えず、今ある幸せを感じるもの大切かもしれませんね。


明石家さんまさんは日本中の人々に笑いを届けて笑顔にさせてくれる素晴らしい人物だと思います。これからもずっとずっと僕たちを笑わせてほしいですね。頑なに拒んでいるIMALUさんとの共演もいつの日か見てみたいなぁ。(笑)

というわけで今回は大人気お笑い芸人の明石家さんまさんについてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 松田翔太
  2. 林修
  3. 岡田隆之介
  4. 小林武史
  5. 佐藤健
  6. 安室奈美恵
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

名前:いろペル(♂)



3歳の娘と猫を溺愛する関西在住の会社員です。

夢だったマイホームを建てて幸せに暮らしています。自分の部屋に合うカッコいいパソコンを購入したので、ブログでも始めてみようと思いました。

皆さんに読んでいただけると幸いです☆

最近のコメント

    重要事項やお問い合わせについて